甜茶の正しい飲み方

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

甜茶の正しい飲み方

甜茶はどのようにして飲むのがいいか、紹介いたします。沸騰したお湯で3〜5分間に出すこと、これが甜茶の有効成分、ポリフェノールを十分に抽出するためのポイントになります。甜茶の甘みが強ければ強いほど、ポリフェノールが抽出されているということになります。

 

花粉症対策として甜茶を飲用する際には、花粉が飛び始める2週間前から飲むようにしましょう。効果を出すだめには、朝昼晩1日に最低3回は飲みましょう。この飲みだす時期がポイントで、花粉が飛び始めてからではあまり効果はありません。

 

甜茶を煮出す際に、クコの実を入れてみるのもいいでしょう。また違う法方で、甜茶の葉をフライパンで炒って粉末にし、そのまま水で飲んでも効果的です。甜茶に含まれる甘みのあるエキスは、ルブサイドと呼ばれる甘み成分なのです。

 

この成分もアレルギー症状であるなみだ目や鼻水くしゃみに良いとされ、最近注目されている成分です。空腹時に摂取するのが吸収を良くするので効果的です。自然な甘さがポイントの甜茶エキスなので、カロリーを気にすることもなく、ダイエット時にも最適です。

 

 

アレルギーについて

近年、アレルギー症状が身体に出てしまう人が増えてきています。それに対応してかアレルギー科と言う科も登場し、多くの人がアレルギー科に行っているそうです。ではここでアレルギーについて説明してみたいと思います。

 

「アレルギー」とはギリシャ語の造語らしく、「変化した反応能力」を意味しています。身体にアレルゲンと言う抗原が侵入すると抗原抗体反応が身体の中で起こってしまいます。その反応が身体に不利益な形で表されます。それがアレルギーと言う物になります。

 

逆に身体に利益的な反応を出す事を免疫と言っています。誰もがアレルゲンが入ったからと言ってアレルギー症状を引き起こす訳ではなく、アレルギー症状を引き起こしやすい体質の方が引き起こしてしまう場合が多いのです。こうした人の事を「アトピー素因」と言っています。ギリシャ語で「奇妙」と言うのをアトピーと言っているみたいです。

 

よくお子さんがかかってしまうアレルギー症状に食物アレルギー、蕁麻疹、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、気管支喘息、アトピー性皮膚炎と言ったアレルギーが有りますが、こうしたI型のアレルギー反応は遺伝による物が大きいそうです。

 

アレルゲンと言う抗体が身体の中に入る事によりレアギン抗体と言う抗体が作られ、血液に乗って全身に回り蓄積されていきます。更にアレルゲン抗体が侵入した際、レアギン抗体と反応し、化学物質が放出され、アレルギー症状となって身体に出てしまうのです。

 

 

花粉症の季節

花粉症の季節と聞けばどうしても春を連想してしまうんですが、病院の先生などに言わせてみると、最近は花粉症の季節というのは特になくて、ひどい、花粉症にかかる人が比較的多いのが春だということで、あとは年中花粉症というのは発症している人がいるといわれています。ですから花粉症の季節=2月から春先というイメージはすっかりなくなりつつあるようです。花粉症の季節は人それぞれ違っていると思います。春先に花粉症になる人もいれば、夏から秋の季節の変わり目に毎年花粉症の症状が出るという人もいるのではないでしょうか?人それぞれ花粉症になる原因の植物の花粉が違っていますから、その花粉が飛散する時期というのが花粉症の季節ということになります。私は思い起こしてみるといつも春先と、9月ごろに鼻水が止まらなくなったり、アレルギーの症状が出ますから、年に2回花粉症の症状があるのかなと思いますが、花粉症の季節が年に2回という人もいれば、年中花粉症に悩まされているという人も中にはいるのです。花粉症の季節というのはこのように、自分が何のアレルギーなのかによっても違っていますし、何が原因なのかということによっても違っていると思います。