甜茶の特徴と効能

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

甜茶の特徴と効能

甜茶には飽きの来ない甘さがあり、後味も良いところが特徴となっております。薬品ではない甜茶は、ずっと飲み続けても全く安心です。カフェインは含まれていないので、寝る前でも気にせず飲むことができ、妊娠中授乳中でも大丈夫です。

 

副作用がないので、子供やお年寄りでも気軽に飲めます。ミネラルバランスがとれたお茶なので、体にも吸収されやすく、これが体質を改善させるわけです。アレルギーに効くといわれている甜茶は、喘息や花粉症の改善にも役立ちます。

 

中国南部、広西省というところに自生している甜葉懸鈎子が甜茶の原料で、バラ科キイチゴ属の植物です。甜葉懸鈎子から作る甜茶は、花粉症などのアレルギー症状や、アトピー性皮膚炎などに有効な成分である甜茶ポリフェノールが含まれています。

 

ヒスタミンなどの化学物質が引き金となり、アレルギー症状は引き起こされてしまいます。この化学物質の分泌を抑制、抗炎症作用があるのは、甜茶ポリフェノールで、バラ科、キイチゴ属の甜葉懸鈎子だけとされています。

 

こんな甜葉懸鈎子からできる甜茶を、年間を通して飲むことをお勧めします。そうすれば花粉症などの体質改善に役立ちます。

 

 

どの症状で何科を受診したら良いでしょうか?

アトピーの症状で苦しんでいる方はたくさんいます。症状が出たら何科に行けば良いのでしょうか?と言うと、一概には言えないのですが、皮膚科、小児科、アレルギー科と候補はある様です。同じアトピーでも大人と子供じゃ原因も対処方法も違うと言いますから更に分からなくなってしまいますよね。

 

例えば眼科付けのアレルギー科ではアレルギー性結膜炎とした症状が中心となっています。また呼吸器系付けのアレルギー科では喘息を中心として診られています。単にアレルギー科と一くくりにしてしまうと、何を専門に診ているアレルギー科なのか分からないと言うのが正直な所かもしれませんね。

 

でも目でも皮膚でも鼻でもアレルギー症状が見られたら全般的に取り扱うアレルギー科を一度受診してみると良いでしょう。

 

では実際に症状が出たけどどこに行ったら良いか分からないとした場合、取っ掛かりとして総合病院に行ってみてはいかがでしょうか?そこで適切な科に回してくれると思いますよ。また鼻に症状が有ったら「耳鼻科・アレルギー科」と書かれた所を探し、皮膚に症状が有ったら「皮膚科・アレルギー科」と書かれた所を探すと良いでしょう。

 

アレルギー科にはアレルギー専門医と言う人がいます。アレルギー全般に関しての知識を有しています。そこを受診して判断を仰ぎ、治療を進めていく事が大切です。賢くアレルギー科を利用していき、アトピー等のアレルギー症状を緩和させて行く様にしましょう。

 

 

花粉症とマスク

花粉症の人は外出をする際にマスクは欠かせないものだと思います。花粉症の人はピークの時期にはできるだけ外出を避けた方がいいとまで言われているのですが、仕事をしている人などにとって、外出を避けるというのは難しいです。仕方なく外出しなければいけないというときには完全防備で外出しなければいけませんね。そこで必ず必要になってくるのが花粉症用のマスクです。普通のマスクと違っていて、鼻まで覆うタイプのマスクもあり、立体裁断になっていて、完全に花粉をシャットアウトするようなものもあります。花粉がのどに入って粘膜についてしまうことで花粉症の症状が出てしまいますから、できるだけ体内への侵入を防がなければいけないのです。花粉症の症状に悩んでいる人は、花粉症のピークの少し前から、花粉症用のマスクをつけておくことをお勧めします。最近はマスクの性能もかなり上がってきて99.9パーセント花粉をシャットアウトしてくれるものもありますから安心してつけられることが出来るのではないでしょうか?花粉症の人は、外出時の必需品として、マスク、帽子、めがねは必要です。これらが体内への花粉の侵入を防いでくれますから症状が出るのを抑えてくれるのです。