食事と花粉症対策

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

食事で花粉症対策をする?

花粉症の解消に効果がある食事について考えてみましょう。色々な食べ物があるのですが、共通していることがあります。それはポリフェノールです。

 

成分としてポリフェノールを含む食材がほとんどなのです。ポリフェノールはたいていの植物に含まれていますが、実際の成分は少しずつ異なっています。5000種類以上もあることがわかっています。

 

しかし、共通した特徴としては抗酸化作用があることです。それも強力な作用です。老化や健康障害を引き起こす活性酸素を除去してくれるのが抗酸化作用です。

 

ポリフェノールが美容に良いとか、メタボ対策となると言う話を聞いたことがあるでしょう。実際にポリフェノールが含まれている食材を紹介しましょう。一番有名なのは赤ワインでしょうか?

 

プロアントシアジニンと言うポリフェノールです。またお茶にはカテキン、大豆には大豆イソフラボン、そばにはルチン、コーヒーにはクロロゲン酸、玉ねぎにはケルセチンなどです。ポリフェノールは最近特に注目されている成分です。

 

花粉症の解消を考えるならば、免疫力を高めてくれるビタミンやミネラル、そしてポリフェノールを摂ることです。野菜を多めに摂り、動物性たんぱく質を控えるようにしましょう。バランスのとれた食事が大切なのですね。

 

メニューとしてはシソ、甜茶、青魚、ヨーグルト、レンコン、ハーブなどが該当します。いずれにしても健康的な食事をすることによって花粉症対策となるのです。このことは偏った食事をしている人が花粉症になることを意味しているのかもしれませんね。

 

 

 

子どもの花粉症

日本人の4人に1人が花粉症で悩んでいるそうです。花粉症を解消するための方法がインターネットでたくさん投稿されています。これらの情報を元に、自分に合った解消法を見つけたいものですね。

 

さて、大人の場合はある程度の薬なら服用することができますが、子どもとなると大人と同じと言うわけにはいきません。子どもの花粉症対策について考えてみましょう。子どもの花粉症はいくつくらいの年齢から始まるのでしょうか?

 

もちろん、子どもでも個人差がありますから、一概には言えませんが、幼稚園ぐらいの年齢でも花粉症になってしまう子がいます。これくらいの年齢では免疫力が弱いですから、花粉症の症状が重くなるケースもあります。

 

また、自分では花粉症をうまくコントロールできませんから、お母さんが細やかな気配りをしなければなりませんね。花粉症を抑制する効果が強い薬は子どもに使うことはできません。そのために子どもの花粉症ケアは難しいと言わなければなりません。

 

薬を使わずに花粉症を解消することを考えるのです。基本は大人と同じ対処法となります。つまり、花粉が体内に入るのを極力防ぐことと、体質改善に取り組むことです。子どもの体質はお母さんの体質の影響を強く受けています。

 

したがって、お母さんが花粉症の場合には子どもが花粉症になる可能性が高いと考えておきましょう。子どもが外から帰ってきたら、うがい手洗いを必ずさせてください。

 

また、洋服や布団などを屋外に干した時には、花粉を落としてから取り込むようにします。また、子どもは嫌がるでしょうがマスクをつけることは有効な手段となります。