点鼻薬と花粉症対策

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

点鼻薬で花粉症対策をする?

花粉症を持っている人にとっては、花粉の季節は非常につらいものがあるでしょう。その症状を少しでも解消することができれば日常生活が楽になります。そのための点鼻薬は耳鼻科で処方されたり、薬局で市販されています。

 

点鼻薬での症状の解消について考えてみましょう。まず、点鼻薬の使い方です。花粉症はかかり始めの対応が重要だと言われています。初期の治療は花粉が飛び始める2週間くらい前から抗アレルギー剤を服用します。

 

内服薬が基本ですが、それだけでは効果が見られない場合に点鼻薬を使用します。しかし、軽症の人の場合は点鼻薬だけでも十分、症状を和らげることができるようです。点鼻薬に含まれるのは抗アレルギー剤ですが、ステロイドを使用する場合もあるようです。

 

鼻の中に薬を噴霧する方法は、花粉症の症状を解消してくれます。しかし、それは一時的なものに過ぎません。また、注意しなければならないのは習慣性になってしまうことです。

 

市販の点鼻薬には血管収縮薬が含まれており、粘膜の下の血管を収縮させることで効果が表れる仕組みになっています。頻繁に使っていると効き目がなくなるだけではなく、症状が悪化してしまうこともあるのです。

 

点鼻薬の用法には1日1,2回程度と書かれています。これを守ることが大切です。また、継続する期間は2週間を限度とすべきでしょう。花粉症の症状を解消したいと言う気持ちはわかりますが、むやみは点鼻薬の使用は避けなればなりません。

 

 

 

花粉症と妊娠

妊娠中の花粉症には特別な注意が必要です。妊娠によってホルモンのバランスが崩れています。そのため花粉症の症状が強くなる人が多いようです。また、妊娠をきっかけとして花粉症になってしまう人もいるそうです。

 

一般的な花粉症の症状を解消しようとすると薬を飲むことになります。しかし、妊娠中の投薬は勧められるものではありません。ただ、最近の傾向としては薬を我慢することによる悪影響を心配する話もありますから、医師と相談の上で薬を飲むようにすると不要な心配をすることはなくなります。

 

妊娠と薬の関係については、様々な議論があります。薬の使用法を読むとほとんどの製品に妊娠中は飲まないように書かれています。しかし、現実的な危険性はほとんどない場合が多いのです。そのことを理解した上で薬を飲むようにしてください。

 

その他にもインターネット上に情報がありますから、読んでおくことをお勧めします。また、くしゃみをすることによって腹部に負担をかけてしまうことが、赤ちゃんに悪影響を与えるのではないかと心配するお母さんたちもいますが、ほとんど心配することはありません。

 

くしゃみで早産したりすることはないのです。それでも花粉症の解消を考えなければなりません。どのような対策ができるのでしょうか?一つは食生活です。バランスのとれた食事を心がけましょう。

 

ハーブティやヨーグルトなどの乳酸菌類がいいとされています。それから睡眠を十分にとることです。花粉が多い日は不要な外出をしないというのもいいでしょう。