お茶と花粉症

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

お茶は花粉症に効果がある?

花粉症対策としてお茶を勧める人がいます。実際のお茶の効能について考えてみましょう。

 

花粉症は人によって症状の出方が異なりますが、くしゃみや鼻水が一般的ですね。軽い症状や重い症状もあり、同じ薬が誰にでも効くとは限らないのです。花粉症を解消するために毎年のように耳鼻科に通っている人は多いでしょう。

 

さてお茶についてです。花粉症を解消するお茶が販売されています。甜茶が一番ポピュラーでしょうか?甜茶は品種のことではなく、甘いお茶と言う意味です。したがって、甜茶を飲むと言っても具体的にどんなお茶なのかはわからないのです。

 

花粉症に効果があるとされているのはバラ科のものです。バラに含まれているタンニンが花粉症の症状を和らげてくれるのです。甜茶にはその材料の違いから、アカネ科、ユキノシタ科、ブナ科、バラ科の4種類があります。

 

この中で一番いいのはバラ科のお茶なのです。甜茶なら何でもいいと思っている人もいるのではないでしょうか?今度購入する時に注意してくださいね。また、市販されているお茶としては「べにふうき」も花粉症を解消してくれるようです。

 

ペットボトル入りがコンビニで販売されているのは花粉症によいからです。このお茶の場合は普通の緑茶のような飲み方をすると渋みが強すぎるようです。

 

これらのお茶の抗アレルギー作用についての有効性については、信頼される機関での試験結果が公表されています。確かにお茶によって花粉症の症状を軽減することができるのです。

 

 

 

花粉症と咳

花粉症の症状で代表的なのは鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみです。大体、鼻を中心とした症状ですね。しかし、人によってはその他の症状となる場合もあるのです。稀にですが、花粉症で咳が出る人がいます。

 

花粉症と咳の関係について紹介しましょう。もちろん、咳は肺の病気から来るものではなく、喉が炎症を起こして咳となっているのです。同時に喉のかゆみを伴うことが多いようです。このような症状の解消はどうすればよいのでしょうか?

 

基本的には通常の花粉症を解消する対策と同じです。咳とともに痰が出ることがありますが、これは鼻水が喉に流れて痰のようになったものです。鼻の粘膜がアレルギーを起こしているのと同じように、喉の粘膜がアレルギーを起こしているのですね。

 

耳鼻科で診察してもらうといいでしょう。咳を放置しておくと、さらにひどくなり喘息になってしまうケースもあります。いずれにしても、喉のかゆみを止めることが大切です。花粉症の対策をしながら、喉を労わるようにしてください。

 

温かいハチミツ湯などを飲むといいでしょう。風邪を引いて咳が出る時と同じように考えていいのです。ただし、アレルギーによる症状ですから、マスクなどで花粉をブロックすることを忘れないようにしましょう。

 

花粉症ではないと思っている人もいるのです。また、咳のアレルギーが慢性の咽喉頭炎に移行してしまう人もいます。大事なことは症状が出たら、早めに病院に行くことです。早いうちであれば症状も軽いので、すぐに解消されるでしょう。