漢方薬と花粉症

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

漢方薬は花粉症に効果がある?

花粉症の解消方法としては、いろいろなアプローチがあります。漢方薬による花粉症対策を紹介しましょう。

 

花粉症の原因は花粉の飛来によるものですが、症状が出る人とでない人がいることから、体質を改善することで花粉症を解消することができるのではないかと考えられます。漢方薬の考え方は自分の体の中にある自然治癒力を高めることです。

 

したがって、西洋医学による薬よりも漢方薬の方が副作用は少なく安心して服用できると思っている人も多いようです。花粉症の症状としてはくしゃみ、鼻水、目のかゆみなどです。

 

飛来する花粉を完全にシャットアウトできれば完璧でしょうが、それは現実的ではありません。外出しないと言うわけにはいかないからです。花粉症の対策として考えられているものは、花粉をどうやって防ぐかと言うことです。

 

花粉が入ってきても平気な体質にすることが根本的な解決につながります。漢方薬を継続して服用することによって、体質を変えていくことが理想的な解消法なのではないでしょうか?漢方薬のメリットはなんでしょうか?

 

まずは飲んでも眠くならないことです。市販の薬では即効性を求めるとどうしても眠くなる薬となってしまいます。漢方薬はそのようなことはありません。しかし、漢方薬の難しいところは誰にでも効く花粉症の薬がないと言うことです。

 

ある人にはAと言う薬が効くけれども、別の人にはBの薬が効き、また別の人にはAとBの両方が必要だと言った具合です。いずれにしても、漢方薬は処方してもらうことが大切なのです。

 

 

 

花粉症とマスク

花粉症と言えばやはりマスクですよね。根本的な花粉症の解消はできなくても、原因となる花粉をシャットアウトできれば、症状の軽減効果は大きいと考えられるのです。少しでも症状が解消されるようにマスク選びも考えなければなりません。

 

最近のマスクの特徴と選び方を紹介しましょう。スギの花粉の大きさは20ミクロンぐらいです。また、ヒノキはちょっと大きな30ミクロンです。花粉症対策のマスクは20ミクロンより小さな網目でなければなりませんね。

 

市販されているマスクの素材としてはガーゼと不織布があります。それぞれ目の細かさに注目しましょう。それから形状としては平板タイプと立体タイプです。製法の進化によって立体タイプが安価に作られるようになりました。

 

不織布は線維が複雑に絡んだ状態ですから、花粉のブロックには適していると考えられます。しかし、最近のガーゼも多重構造になっていますから、性能としてはほとんど変わらないと考えてよいでしょう。

 

また、立体タイプの方が顔にフィットしますから、隙間を少なくすることができます。マスクによって花粉がどの程度除去されるかの実験結果があります。これによるとほとんどのマスクが95%の花粉を除去できるそうです。

 

価格には関係なく、安い商品でも十分な性能だったのです。また、花粉を除去するとマスクに花粉が付着します。このため、目詰まりを起こしてしまうことになります。マスクの使い方としては、安いマイクの使い捨てタイプが一番良いようです。