局所ステロイド投与で治療する?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

局所ステロイド投与で治療する?

局所ステロイド薬の投与で花粉症対策をする方がいます。この局所ステロイド薬、作用は色々有る様で花粉症が季節性アレルギーになりますが鼻の症状に効果が有ると言います。その為に花粉予報によっていつ投与するか考える必要が有ります。

 

局所ステロイド薬と言うとものものしい感じがしますが、点鼻薬とかで出来るので意外と簡単です。それに一般的に使用されているステロイド薬と違って人体に影響を及ぼす可能性は低いですので、比較的中度以上の症状の人に効果が有るようです。

 

ステロイドを投与すると副作用がとても心配されますよね。でも局所ステロイド役に関しては全身ステロイド薬と違って副作用が認められる事は少ないので花粉症対策にはとても良いと言えるでしょう。花粉予報を受けて自分が症状が辛いなと思ったら是非医師に相談して投与してもらう事も考えてみて良いかもしれませんね。

 

局所ステロイドに関しては花粉症に対して比較的安全で有効だと言われています。医師の処方が必要ですのでお医者さんに行って薬を貰う様にしましょう。花粉症の症状はとても辛く、重度になると日常生活にも支障を出してくるかもしれません。

 

そうなると寝不足にもなるし、ストレスにもなり、それが影響して更に花粉症の症状も悪化させる事になるかもしれません。そうなるとかなり辛いですよね。そうならない内に早めの対策を行い、症状を緩和させる様にしましょう。その為に局所ステロイド薬はとても効果的なのです。

 

 

花粉症は杉が悪い訳ではないのです

花粉症だけじゃなく全てのアレルギー性疾患と言うのは過敏症の1つになります。スギ花粉自体は元々人体に害が有る物質と言う訳ではありません。ですからスギ花粉を少し吸い込んだ所で本来は身体に反応が出る物ではないのです。

 

その上生まれつきスギ花粉症に悩んでいる赤ちゃんと言うのもいないはずです。では何故スギ花粉症が発生してしまうのかと言うと、スギ花粉を長年吸い込んで蓄積して行く事だと思います。長年吸い込んでいる内に身体がスギ花粉を有害な物質として認識する様になってしまうのです。

 

これが達が悪いのですが一度スギ花粉を有害な物だと言う様に認識してしまう事で、スギ花粉を吸い込む度に身体が異物を排除しようと反応してしまって、鼻水、鼻詰まり、目の痒み、くしゃみとして症状が出てくる様になります。

 

このスギ花粉症の飛散量に関しては前年の夏の気候がとても深く関わりが有ると言われています。前年の夏の日射量が少なくて降水量が多いと翌春の花粉の飛散量は少なく、逆に日射量が多くて降水量が少ないと翌春の花粉の飛散量は多くなってしまうと言う傾向にあるのです。

 

こうした事から花粉予報も前年夏の状況を考慮して発表していると言うのです。花粉予報に「前年より多い」「前年より少ない」と言うのが有るのはこの為だと言えます。ですからスギ花粉自体が悪者と言う訳ではなく、過剰反応してしまう事に問題が有ると言えるのです。

 

だからと言って私達の身体が悪い訳でもないので難しい所ですがね。スギ花粉症は30〜40代の人に多くみられ、関東圏内の人に多くみられる傾向に有ります。

 

 

スギ花粉症の症状等について

鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、目のかゆみ等、花粉症の症状が全て出ているのではないかと思われるのがスギ花粉症の症状になります。特に目の症状に関してはスギ花粉症を患っている9割以上の方に見られると思われているのです。

 

スギ花粉の一般的な飛散時期に関しては春頃になりますが、関東では2月下旬位から、九州あたりでは2月上旬位から、東北に関しては3月位からと国内でも北と南では1ヶ月程も開きがあるようです。更にスギ花粉の飛散時期は常に一定している訳ではありません。

 

その間でも日によって量が多かったり少なかったりする事があります。特に花粉の量が多くなるのは雨の日の翌日、晴れになって気温が高い日、更に空気が乾燥している日、風が強い日になります。よく花粉予報を見てチェックする様にしましょう。

 

逆に雨の日は花粉飛散量が少なくなりますので雨は嫌でもちょっとホッとするかもしれませんね。こうした事も花粉予報でチェックする事が出来ます。

 

そのスギ花粉は戦後の奨励としてスギの植林がとても多く行われたので、スギの人口林が急激に増えてしまった事が一番の原因だと言われています。その他にもハウスダスト、都会に関しては空気汚染、食生活、生活環境によっても花粉症が発症しやすくなると言われているのです。

 

こうした花粉症に苦しむ方が増えてきた事から、近年沖縄や北海道等、スギ花粉が殆ど無いと言われている地域に移住する人が増えている様なのです。花粉症が人の生活環境をも変えちゃうのですから症状はとても辛いものなのですね。