鼻詰まり対策

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

鼻詰まり対策は?

花粉症の症状として最も辛いと言われている症状に鼻詰まりが有ります。花粉予報を見て花粉飛散量が多いと言われるとティッシュが手放せないと言う人も多いのではないでしょうか?毎日花粉予報を見てチェックしている方に、鼻詰まり対策をご紹介して見たいと思います。

 

鼻詰まりの症状で悩んでいる方、ご自身の体温ってどうでしょうか?低くないですか?もし体温が低いと感じている方は鼻を温めてみてください。鼻詰まりの症状が緩和される様ですよ。その方法は先ずはタオルを水で濡らして軽く絞ってください。

 

そのまま電子レンジで1分間ほど暖めてホットタオルを作ります。これで大体体温より少し高い位、42〜43度位が良いでしょう。そしてタオルを鼻に当てて温めます。この時深呼吸を繰り返すと更に効果的ですよ。これを鼻詰まりが治るまで行ってください。

 

途中でタオルが冷めてしまったら再度ホットタオルを作って暖めて下さい。結構この方法が効果が有るみたいで解消されたと言う人が結構いるみたいです。でもこれって家でしか出来ないですよね。そこで携帯用としてカイロを持ち歩いてみてください。

 

カイロを温めてハンカチに包んで鼻に充てて同じ様にすると良いみたいですよ。但し火傷には注意しましょうね。色々な鼻詰まり解消法が有ると思います。インターネット等で探してみると良いでしょう。そして今挙げた方法を一度ご自身で試されてみて合わない様であれば別な方法を探す等してみてくださいね。

 

 

花粉症の4大症状の1つ

花粉症で悩んでいる人の殆どの人が悩んでいると言われている鼻詰まりの症状、花粉症の4大症状の1つだと言われています。鼻詰まりは鼻水が出る症状よりも辛い症状かもしれません。鼻の奥はかなり狭くなっていてちょっとでも粘膜が腫れてしまうと鼻が詰まった症状になってしまいます。

 

通常は片側だけ詰まるのですが酷い人は両方詰まってしまいますので呼吸自体が苦しくなってしまうのです。そうすると鼻呼吸が出来なくなり口呼吸になってしまいますので熟睡が出来ず睡眠不足に陥ったり、口の中が乾燥したりして色んな影響が出てくる様になります。

 

特に寝不足なんてお肌に大敵ですから美容面にも影響が出てくる様になりますよ。ですから花粉予報をチェックして花粉が多い日なんかは、対策を早めにする必要が有るのです。

 

何故鼻詰まりが花粉症の症状になるのかと言うと、鼻の粘膜に花粉が付着します。それにより身体が花粉を体外に除去しようとする働きをします。その為にヒスタミンと言う物質を出すのです。

 

このヒスタミン、血管を刺激する事が有るのですが、これによって血管を拡張させ、血管壁を緩ませ、透過性を高め、結果的に血液の中に含まれている水分が外にでてしまうのです。それが鼻詰まりと言う症状を引き起こしているのです。こうした症状は鼻にだけ起こる訳ではありません。

 

目に起こる場合もあり、目に起こった場合は目が充血すると言う症状になります。花粉症で起こる鼻詰まりは症状が重い場合が多いですので花粉予報をチェックしながら早めの対策をする様オススメしたいと思います。

 

 

花粉症対策をしよう

一度花粉症になってしまうと今の医学ではなかなか完治は難しいと言うのが実状の様です。毎年花粉予報を見て「今年も多いのか」とがっかりしている人も多い事でしょう。でも症状をある程度緩和させる様に対策をすると少しは楽になると思いますよ。

 

基本的な花粉症対策としては花粉を吸わない、花粉を浴びない、花粉を持ち込まないが鉄則です。花粉症アレルギーのアレルゲンは花粉ですので身体が花粉に触らなきゃ良いのです。しかしそれは生活をしている以上難しい事だと思います。そこで外出時における花粉対策を挙げてみたいと思います。

 

先ずは花粉予報をチェックして花粉飛散量が多い日の外出を控えると言う方法です。晴れか曇りの日で温度か湿度が高い日、風が強い日、雨が降った翌日なんかは花粉が多く飛ぶと言われています。でも仕事していたり学校に通っていたりする以上出掛けないなんて事は無理ですよね。

 

ですから外出する際にはマスクをする事、帽子やメガネをする事、そしてナイロンやポリエステル等、花粉が付きにくい洋服を着る様にしましょう。更に、洋服に静電気防止スプレーをかけるのも良いみたいですよ。そして家に帰ったら花粉を中に入れない様に充分に払ってから中に入る様にしましょう。

 

特に背中や足元は花粉が溜まりやすいですので忘れないで払いましょう。そしてシャワーを浴びてうがいをして、花粉を全て落としきるのも大切なのです。外出時は花粉をいかに付かないようにするか、花粉を中に持ち込まない様にするかがポイントなのです。