目の痒み対策は?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

目の痒み対策は?

花粉症の症状の一つに目の痒みが有ります。これはとても痒い物だそうです。プラスして涙が出る様になったりすると日常生活が普通に送れなくなったりするかもしれないのです。

 

でも痒いから仕方がないのですが掻いたり擦ったりすると更に悪くなってしまう事も有りますので注意しなくてはいけません。花粉予報で「今日は花粉飛散量が多いです」なんて出たら更に注意も必要になります。

 

では何故花粉で目が痒くなったりしてしまうのでしょうか?それはまつげに花粉が付着してしまうからなのです。その花粉が目の粘膜に付着して刺激をして痒くなると言う訳です。外出をして帰宅したら先ずは顔を洗ってまつげに付いた花粉を落とす事が大切なのです。

 

そして外干ししたタオルにも注意してください。せっかく顔を洗って花粉を落としてもタオルに花粉が付いていたら意味が有りません。花粉症の目の痒みを抑えるには花粉症用の目薬、洗眼薬を使うのが良いでしょう。更に痒くて仕方がない場合は冷やしたタオル等を目の上に充てておくと良いですよ。

 

後は外出時に目全体を覆う様なメガネを(ゴーグルみたいな物)かける様にすると目に花粉が付きませんので予防になりますよ。後はしっとりアロマで癒されながら痒み対策をしてみてはいかがでしょうか?

 

リラックスする事で痒みが多少治まりますよ。花粉予報をチェックしながら対策する事も良いと思いますので是非実行してみてくださいね。オススメはカモミールですよ。

 

 

花粉症の症状と間違われやすい症状とは?

花粉予報を見て今日は飛散量が多いとか今年は多いとか言われて、鼻や目がむずむずすると自分も花粉症なんじゃないか?と思ってしまいますよね。日本で花粉症と言うと代表的な物はスギ花粉による花粉症です。

 

花粉予報もスギ花粉の事に対して話している事が多いです。花粉症患者の8割はこのスギ花粉患者じゃないかと言われている位なのです。では代表的なスギ花粉症の症状としてどんな物が有るのか挙げてみたいと思います。

 

先ずは一般的に言って「目が痒い」「目が充血する」と言った症状は多くの方に見られます。それと間違われる症状に風邪が有りますが、風邪の場合は目に症状が出ると言う事は殆ど有りません。

 

目に症状が出るとしたらアレルギー性結膜花粉症、急性アレルギー性結膜炎ではないかと言われているのです。その他に花粉症の症状と、他の病気の症状で間違われやすい症状としては、目の片方だけ痒みが出てくる、目が痒いけど鼻の症状(鼻水、鼻詰まり)等の症状が無い、目のかすみ、視力が低下すると言った症状が出ると言うのが有ります。

 

こうした症状の場合は花粉症ではなく、ダニやハウスダストが原因で起こるアレルギー性の症状である事が考えられます。その他にもドライアイが原因、コンタクトが原因、目に何らかの異物が入った事が原因と言うのも考えられます。

 

単純に目が痒いからと言って花粉症であると決めつけてはいけませんので、必ず眼科医の診断を仰ぐ様にしましょう。

 

 

花粉はいつ飛散するのでしょうか?

花粉の飛散時期になると花粉予報をチェックしたり、花粉症対策をしたりと花粉症を発症している方にとってはとても気になる情報だと思います。花粉予報で花粉の飛散時期をチェックする事が可能です。

 

でも花粉症と一言で言っても花粉症の原因となる植物は日本でも50種類以上有ると言われていますので一概に特定する事は難しいのが現状です。春の花粉症では最も多いと言われているスギ花粉症を始めとして、夏はイネ科、秋はブタクサ、冬はハンノキと何らかの花粉症の症状が1年中有るのです。

 

でも同じ場所で1年中花粉が飛散している訳では有りません。日本は南北に長くなっていますよね。それに土地によって植物の種類も違います。例えば北海道にはスギが殆ど有りませんのでスギ花粉が飛ぶ事はないのです。その代わりにシラカバの花粉症が多いと言われています。

 

そして同じスギ花粉でも九州で飛ぶ時期と、東北で飛ぶ時期には1ヶ月ほど違いが有る様で、気候が関係している事が分かります。こうした花粉症の原因となる植物は特定しておいた方が良いですね。そうする事で花粉症がいつ症状として現れるのか自分の時期が分かってきます。

 

特定は自分でするのは難しいのできちんと専門医に診てもらって特定してもらいましょう。一度花粉症になると完治は難しいので症状が少しでも緩和される様な対策は絶対にしておいた方が良いですよ。結果的に花粉の飛散に関しては同じ植物でも飛散時期が違うと言う事になるのです。