冬の花粉症

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

冬の花粉症について

冬に花粉症の症状を出す場合、どの様な植物の花粉が原因だと思うでしょうか?冬の花粉症の特徴を挙げてみたいと思いますので是非参考にしてみてください。

 

そう言えば花粉予報を冬に聞く事って無いと思いませんか?花粉予報と言うと春や秋と言った季節にしかない様な感じがしますよね。それもそのはずです。冬は1年を通して唯一花粉症の辛さから解放されると言う季節なのです。

 

でも直ぐ目の前に来ている春の大敵スギ花粉に向けて対策を考えなければならない時期でもあるのです。以前は冬の花粉症の原因としてキク科のセイタカアワダチソウと言う植物が挙げられると言われていたみたいですが、秋の花粉症の原因となっているブタクサと間違われていたみたいで結局冬には花粉症の原因となる植物は無いと言う事になったのです。

 

でも安心ばかりもしてはいられません。直ぐに花粉の季節が目の前に迫ってきているのです。冬も終わりに近付いてくる1月末〜2月にかけては今年の花粉予報が発表されます。その飛散量、飛散時期を考慮して対策を考えて行く必要が有ると思います。

 

だって早いところだと1月末にはもうスギ花粉が飛び交っている所も出てきますので早め早めの対策をする様に心がけましょう。花粉症は1度なってしまうとなかなか治らないと聞きます。症状が悪くなってからでは遅すぎるのです。

 

症状を出来るだけ緩和させる為にも花粉症の症状が出ない冬に春〜秋の花粉対策をするのがオススメなのです。

 

 

花粉症は季節によって違うのです

花粉症は全ての植物の花粉で起こる訳ではなく、日本国内で言うなら50〜80種類位だと言われています。その大別として樹木と草花で分ける事ができ、代表的な植物としてはスギ、ヒノキ、ブタクサ、ヨモギ等が挙げられます。

 

花粉症患者の約8割がスギ花粉症だと言う事だそうで、春が近付いてくると毎年花粉予報にビクビクする人も多い事と思います。どの植物にしても花粉が風に乗って飛んでくる事が共通点の様です。

 

花粉予報が大体春前に行われますので花粉症は春に出る症状なんだと思いがちですが、花粉症の原因となる植物の種類や地域によっては夏も秋も花粉症になるのです。

 

例えば春先は東北、北海道地方ではシラカバ、本州ではスギ花粉の飛散が活発化しますし、初夏を迎えるとイネ科の植物の花粉、秋になるとブタクサの花粉がたくさん飛散する事になります。この様に季節によって花粉症の原因である植物が変わってくるのです。

 

花粉症予防の為には、自分が何の植物で起きる花粉症なのか探してもらし、その植物の花粉予報をチェックして対策を考える必要があるのです。でも花粉症は環境条件が同じでも皆が皆なる訳ではありません。遺伝か体質か生活環境か分かりませんが個人差が出て来るのです。

 

季節によって反応する方もいるし様々なのです。もし季節を跨いで花粉症になっているならば他のアレルギーも引き起こす原因となるかもしれませんので早めの対策が必要になると思いますので考慮しましょう。

 

 

花粉症の人が増えている理由

花粉症の人が増えている原因として、花粉予報を見ていると分かる様に日本のスギ植林事情に関係しているものと思われます。スギ花粉が原因での花粉症患者が増え始めたのは昭和45年頃からだと言われていて、昭和50年を過ぎたあたりから急激に増えてきたと言われています。

 

昭和30年代、戦後の復興の為、スギが山々に次々と植えられていき林を人工的に作っていったのです。そしてそのスギが成長して昭和50年代に一気に花粉が飛散する様な樹齢になり花粉症患者が激増していったのだと言われています。

 

スギは植えてから30〜40年程で成木になるので花粉が今飛び交っていると言う事なのです。また更に日本の経済事情、スギの人気度合いの落ち込みと言った面から手入れが行き届かなくなり、スギは自然のまま毎年花粉を撒き散らしているのです。

 

つまり、花粉は人が作り上げた病気と言っても良いかもしれない位なのです。国もこうした状況は理解していても予算や人手が足りない事からスギやヒノキの手入れまでは行き届かない見通しらしく、そうなると毎年の花粉予報も年々凄い事になっていきそうな感じがしますよね。

 

でも、よく考えてみたらスギやヒノキって昔からあるものですのでそれだけが原因とは考えられないですよね。多分私達の現代における生活環境なんかも原因として挙げられるんじゃないかと思うのです。花粉症は田舎には存在しないとまで言われていますので都会病なのかもしれませんね。