春の花粉症

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

春の花粉症について

「スギ花粉症」。春に発症する花粉症の代表的な物になります。春の花粉と言ってもスギ花粉は九州の方で2月頭位、関東で2月下旬位、東北で3月頭位と早春時期位から花粉が飛散し始めるそうです。ですから花粉予報も結構早い時期に発表されているのです。

 

そしてこのスギ花粉、春本番の4〜5月位は良く飛散して5月末位までは花粉症の人には辛い時期になるみたいです。そして同じ時期位にヒノキ花粉も良く飛散する様で、スギ、ヒノキ、両方の花粉症で悩んでいる方は凄く多いのです。

 

そんなスギやヒノキの花粉症は北海道ではあまり見られない症状の様です。北海道ではスギの代わりにハンノキやシラカバの花粉症で悩んでいる人が多く、ハンノキは3〜5月、シラカバは4〜6月と言う事は結構長い時間花粉で悩み続ける事になるのです。

 

シラカバの花粉では花粉症の症状の他に果物過敏症と言う果物を食べる事がきっかけで口の中が荒れてしまうアレルギー症状を併発して起こす場合も多い様です。「花粉症」と効くと春の時期って言うイメージが有りますよね。

 

そのイメージは正しくて、春は花粉を飛散する時期である植物がたくさん有るので最も注意をしなくてはいけない時期だと言う事になり、だから春は花粉症患者が多いのです。

 

こうした各植物の花粉の飛散時期、飛散量はその年によって多少ずれ込んだりする事が有ります。ですからその年の花粉予報をきちんとチェックしてそれに合わせて花粉症対策をする様にしたら良いと思いますよ。

 

 

花粉症とは何なんでしょうか?

春頃、早ければお正月過ぎあたりから目が痒くなったり、くしゃみや鼻水が出てきたり、そんな症状の事を花粉症と言いますよね、テレビの天気予報でも春位になると花粉予報をする様になる等、私達の生活の中に花粉が入り込んでいるのは間違い有りません。

 

でも実際に花粉症って何の事なんでしょうか?花粉症とは色んな植物の花粉が身体に入り、それが原因となって起こってしまうアレルギー性の病気の事を指しています。症状としては色々有りますが主には鼻炎と結膜炎と言った感じでしょうか?

 

花粉予報を見て「今日は花粉が多いです」となると症状が強く現れるみたいで、花粉症の人にとっては花粉予報というのは天気予報と同じ位大切なものみたいです。

 

人間の身体は外部から異物が侵入すると退治してくれる免疫反応を持っています。その異物が細菌やウィルスと言った物ならば免疫反応は有効的に活躍してくれるのですが、花粉等、日常的に周りにあるものであるならば「アレルギー」という形で出てしまう事になります。

 

そうした物が花粉症、食物アレルギー、ハウスダストアレルギーと言う物なのです。そして異物の事を「抗原」と言うのですが、一度抗原が体内に侵入してしまうと抗体を作り出してしまいます。

 

その抗体がヒスタミンと言うアレルギーの原因物質を放出させてしまうのです。と言う訳でアレルギーが身体に反応して出てくると言う事になります。それが花粉の場合は花粉症と言うアレルギーになる訳です。