なた豆茶の効果【鼻炎・花粉症の改善】

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

鼻炎・花粉症の改善

鼻炎や花粉症はアレルゲン、環境が原因で起こる物で、鼻水、鼻詰まり、くしゃみ、頭痛と言った症状を引き起こします。ハウスダストや花粉と言ったアレルゲンが特定されてアレルギー症状を起こすのです。こうしたアレルギー性の症状は一度なってしまうと治る事が本当に難しく、毎年辛い思いをしている方が多いです。

 

こうしたアレルギー性の鼻炎や花粉症は、体内にあるアレルゲンに対する抵抗力の低下、免疫力の低下が関係していてこの力が低下すればする程症状が悪化すると言われているそうです。

 

そんな辛い症状を少しでも改善させてくれるのがなた豆茶だと言われています。なた豆茶にはレクチンの1つであるコンカナバリンAと言う成分が含まれています。この成分は免疫力を強めてくれる効果が有る為、体外から入ってきたアレルゲンに対して抵抗をしてくれるのです。

 

この為、鼻炎や花粉症の辛い症状が緩和されると言う仕組みになっています。もちろん、お医者さんからもらった薬を飲んで症状を落ち着かせるのも良いですが、薬は少なからず身体に負担を与える物でも有ります。なた豆茶は薬では有りませんので、効果を得て症状を軽くし、薬を徐々に減らしていける手助けになれば良いと思います。

 

更になた豆茶のコンカナバリンAは抵抗力の強化だけでなく、癌細胞が増えるのを抑止する働きも有ります。癌細胞の初期段階で癌細胞が減少すると言う臨床結果も有る事から癌防止にも効果が期待出来る様です。

 

 

なた豆茶はどう選べば良いでしょうか?

テレビや雑誌等で取り上げられ、そのパワーが凄いと注目されているのがなた豆茶です。今ではなた豆茶と名前が付いているたくさんの種類の製品が登場している様です。しかしなた豆茶と一言で言っても良質な物ばかりではないと言います。

 

国産の物でも輸入の物でも良質な物であれば良いですが、品種がはっきりしなかったり、製造過程がはっきりしなかったりして粗悪ななた豆茶も有る様なのです。また使われているなた豆の中には毒性が有る品種も有り、食用として使ってはいけないなた豆と言うのも存在しています。

 

そうした事を考えてもなた豆茶を選ぶ際にはグッと慎重になりたい物ですよね。ですからなた豆茶を選ぶ際には原料となっているなた豆をしっかりとチェックして選ぶ様にしなければならないのです。なた豆茶として使える品種はシロナタマメとアカナタマメだと言われています。

 

シロナタマメの場合は食用として使えるので100%のなた豆茶で発売されていますが、アカナタマメの場合は薬効が強いと言う事も有る事から、色んな素材と合わせて健康茶として作られている物が多いようです。但しいくら薬効が有るからと言ってもなた豆茶は薬と言う訳ではありません。

 

ですから即効性を期待しない方が良い事、飲むのであれば継続的に長期間飲み続けてみる事が重要ポイントだと思います。飲み続ける為には味も選ぶ基準の大事な要素になります。味が悪ければ続けたくても続けられませんからね。こうした事を考えてなた豆茶を選ぶ様にしていきましょう。