なた豆茶の効果【蓄膿症の改善】

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

蓄膿症の改善

蓄膿症になると鼻詰まりや頭痛と言った症状が出て来ます。日本人の80%の方が蓄膿症の予備軍であると言われている位多くて、副鼻腔に膿が溜まってしまう症状の事を指しているのです。アレルギー性副鼻腔炎が長引いてしまうと発症してしまうと言う事で、鼻詰まり、鼻水、鼻腔周りの痛み等が有るそうです。

 

またこうした症状が引き金となって頭痛を引き起こしたりする場合も有りますし、臭いに鈍感になってしまうと言う弊害も出て来ます。そんな辛い症状の蓄膿症ですが、その症状を改善させてくれる効果が期待出来るとしてなた豆茶の飲用が挙げられます。なた豆茶にはアミノ酸の1つであるカナバニンと言う成分が含まれています。

 

この成分の効能により体内に溜まってしまった膿を体外に排出してくれるので蓄膿症の症状が改善すると言う事になるそうです。なた豆茶の排膿効果は蓄膿症だけに効果を出すだけではなく、歯槽膿漏や歯周病、ちょっと変わった所で痔等にも効果を出すそうです。

 

なた豆茶を飲んでいる人の感想を聞くと、鼻がスッキリ通ったり、口の粘つき感が無くなったりと言う様な感想を持っている方が多いみたいです。歯周病や歯槽膿漏を発症すると口の中に膿が溜まってしまうので口臭がしてくる様になります。蓄膿症になってみると自分の鼻の奥の臭いがきついのが気になる事もあります。

 

なた豆茶を飲むと膿が排出される効果が期待出来る為、蓄膿症の臭いや口臭も改善される効果を期待出来るのです。もし蓄膿症や歯槽膿漏で悩んでいるなら一度なた豆茶を試してみてはいかがでしょうか?

 

 

なた豆茶の日本国内の産地

最も知られているなた豆茶の国内の産地と言えば鹿児島県薩摩地方のなた豆茶だと思います。何年か前、大河ドラマの篤姫の中でなた豆が登場した様で、あの時代は江戸時代近辺の話ですのでその頃からなた豆が食べられていた事がよく分かります。それと話は被り、なた豆が日本に来たのは江戸時代の初期の頃だそうです。

 

とは言っても日本国内ではそんなに多くの地域で栽培されている訳ではないと言います。日本では観賞用としてではなく、健康思考の方に好まれてお茶として飲まれている為、良質ななた豆を作る事が求められているからだそうです。自然のままの方法でなた豆を栽培すると言う事は農薬はもちろん使いませんので、かなり大変な事だと思います。

 

なた豆茶は薩摩以外にも丹波地方、鳥取の大山地方で作られているみたいですが、サヤが40cm以上にもなる大きななた豆は薩摩地方ならではだそうです。他の地方が悪い訳ではありません。きっとそれだけ薩摩の土や気候となた豆の相性が良いと言う事なのかもしれません。

 

しかしこうした国産のなた豆がある中、市場に流通しているなた豆と言うのは海外から輸入された物が主だと言う事です。輸入物が悪いとは言いませんが、製造過程や肥料等、不明な点が有るなた豆が多いのは否めませんよね。

 

その為、国産で上質ななた豆と言うのは非常に貴重だと言う事になるのです。なた豆茶を選ぶ際にはこうした安全面と言う意味からでも、産地も製造過程もハッキリ分かる国産のなた豆茶の方が良いかと思いますよ。