青汁

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

青汁

花粉症はとてもつらいです。秋になるとブタクサに反応して花粉症になる人も多いと思います。この花粉症のつらい症状を緩和させるには、花粉症の薬を飲むという方法やマスクやメガネなど花粉が入らないようにする対策を取る方法があります。

 

薬を飲むと即効性はあります。ただし眠気を伴うので、仕事中などは眠気との戦いがつらいものになります。まして車の運転をするのなんて眠気との戦いが危険を伴いとても怖いです。花粉症は完治させることは難しいと聞きます。

 

ブタクサ花粉についてもそうです。せいぜいできることはと言えば、ブタクサが花開く前に抜いてしまうことくらいです。しかし体質改善を行うことで花粉症を克服できるという話も聞きます。

 

今回ご紹介するのは、「青汁」を飲んで体質改善を図りブタクサ花粉の症状が軽くなったという話です。実際に「青汁」で症状が軽くなった人がいるのですが、ただし「青汁」自体が合う合わない人がいます。この方法は青汁が体に合っている人にはいいと思うのです。

 

ですからすべての人が「青汁」に効果を示すわけではないということです。ただしやってみる価値はあると思います。やってみなければ合うか合わないかもわからないのです。

 

実際に試した人の体験では、青汁を半年間飲み続けて、いざ秋を迎えてブタクサ花粉の季節になったら多少目がかゆくなった程度で鼻水もくしゃみもでなかったそうです。その季節ブタクサが飛散しなかったのではありません。

 

周囲の人はくしゃみを連発しマスクをしていたそうです。さらに青汁によって体質改善できたことで、花粉症だけではなく、血中脂質の状態もとてもよくなったそうです。薬に頼ってしまいがちですが、できることならば薬に頼ることなく自力で花粉症を治すことができたらいいと思います。

 

 

秋の花粉症

秋の花粉症のやっかいなところは、私たちの体に夏場の疲れが多く出る季節で体の免疫が弱っているところにやってくるということです。そのため花粉症の症状が重症化してしまうことも多いようです。春の花粉症が過ぎたからといって油断していてはいけません。

 

秋の花粉症にも十分に注意しなければならないのです。秋の花粉症の原因となる代表的なものに「ブタクサ」が挙げられます。日本ではスギやヒノキ花粉が一番多いのですがアメリカではこのブタクサ花粉が多いです。

 

ブタクサは9月ごろ花が咲いて風で花粉が飛ばされやすい性質を持っています。そのため花粉が広まりやすく花粉症になる人が多いとされています。

 

秋の花粉症の原因となるものに、黄色い花を咲かせる「セイタカアワダチソウ」という植物もあります。「セイタカアワダチソウ」は喘息の原因にもなるとされている植物です。その昔日本国内においても駆除されてきたものです。

 

他にも秋の花粉症の原因となるものに、草餅の材料として知られている「ヨモギ」があります。ヨモギは薬草なのですが、ヨモギのために花粉症になる人もとても多いのです。9月から11月ごろに花が咲いて日本全国のどこにでも生息しているので大変注意しなければならないのです。

 

「カナムグラ」も秋の花粉症の原因となります。カナムグラはつる性植物です。このように秋にも花粉の原因となりうる植物がたくさん生息しているのです。花粉症は冬になれば比較的花粉も少なくなって落ち着いてくるので、秋の花粉症対策をきちんと行って冬を迎えられるようにしてください。