ロイヤルべにふうき

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

ロイヤルべにふうき

ブタクサ花粉に効果があるとしてサプリメントが発売されています。それが「ロイヤルべにふうき」です。眠くならないので子供でも安心して服用できるブタクサ花粉症対策のサプリメントです。飲むだけでお手軽に花粉症対策できると老若男女問わずに多くの人に人気がある商品です。

 

ブタクサによってくしゃみや鼻水で悩まされているあなた、副作用なく安全に天然茶葉のべにふうきが守ってくれます。お茶などに入っているカテキンの一種であるメチル化カテキンの働きで、くしゃみや鼻水や目のかゆみなどが治まります。

 

「べにふうき緑茶」にはこのメチル化カテキンがたくさん含まれています。普通のお茶に入っているカテキンに比べてこのメチル化カテキンは5倍も効率的に吸収される特徴があります。

 

「べにふうき緑茶」から有効成分を抽出して飲みやすい錠剤型サプリメントにしたものが「ロイヤルべにふうき」です。元はお茶なので、安心して副作用も気にすることなく飲んでいただけます。

 

花粉症だけではなく、鼻炎やアレルギーの人におすすめなのが「ロイヤルべにふうき」です。サプリメントなので携帯に便利でお出かけの時にも邪魔になりません。アルミ包装になっているのできちんと保存できて長持ちします。

 

緑茶の苦みが苦手な人でもサプリメントなので飲みやすいです。妊娠中の人でもお子さんでも安心して飲めます。品質管理も徹底して行っています。「ロイヤルべにふうき」は1箱3,800円です。購入は通販サイトから行えます。

 

 

花粉症の現状

現在日本では多くの人が花粉症の症状を発症しており、花粉症に悩まされています。花粉症の現状がどうなっているのか見ていきます。具体的に言うと、花粉症の患者数は2,000万人以上もいるそうで全人口の15%以上にもなるそうです。

 

しかも今後発症するという予備軍も多数いて、その数もほぼ同数近くにのぼるそうです。年齢別にみると中学生で約4割近い人が花粉症になっており、80歳以上の高齢者にはほとんど花粉症の人がいないという事実がわかっています。

 

例え今発症していなくても、体の中に蓄積される花粉の量が増えていけば、そのうち発症する可能性が高いのです。ですから、現在花粉症ではないという人も、花粉が飛散する時期にはマスクをするなどして極力花粉を体内に取り込まないように、そして蓄積させないようにして予防することが大切なのです。

 

花粉の飛散量は前の年の夏、気温が高くて日射量が多いときほど翌年の花粉飛散量が多くなります。そして1月の気温が高いときほど飛散は早い時期から始まります。スギ花粉のピークが2月から4月で飛散が終わるのは5月上旬です。

 

ヒノキ花粉のピークが3月から5月です。スギに反応する人の多くはヒノキにも反応します。花粉の飛散ふる距離は気象条件などにもよりますが100kmも飛ぶことがあるので、近所だけではなく周辺地域の情報にも注意しなければなりません。

 

日本国内にスギが増えたのは、戦後スギを大量に植林したためです。最近は花粉の飛散量が100分の1程度というスギを品種改良して植林していますが、成長して伐採できるまで50年スギはかかるのですぐに効果は現れません。

 

また花粉の幹に注入することで、飛散量を96%も減らすことができるという液体も現在開発途中にあるそうです。

 

ヨモギやブタクサなどが原因の花粉症は8月から10月ごろに発症します。鼻水やくしゃみなどの症状が風邪と紛らわしく、夏風邪と思い薬を飲んでもなかなか治らないということがあります。

 

ヨモギやブタクサなど秋の花粉症は風邪と区別することが必要です。最近では子供の花粉症も増えています。小さいころから花粉を浴びないように注意することが必要なのです。