季節ごとの花粉

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

季節ごとの花粉

花粉症対策をするには、まずいつどんな花粉が飛散するのか、花粉について知ることが大切です。いつどんな植物がどれくらいの量どこで飛散するのかなど、知っているのと知らないのとではできる対策方法が全然違います。

 

花粉症対策そして花粉症予防として、花粉症の原因となる植物を知っておくことも大切なことなのです。現在花粉症の原因となっている植物はとても多くて、冬以外の季節で一年中いろいろな花粉が飛んでいます。またその日の天気によっても左右されます。

 

空気が乾燥していて風が強い日になると花粉はたくさん飛びやすくなるので注意しなければなりません。晴れの日で特にカラッと快晴の日や雨が降った翌日の晴れの日には特に注意が必要です。

 

地域によっても生息している植物の種類が違いますし、植物によっても飛散できる範囲やその量は違います。花粉症がある人は、どの花粉によってアレルギー反応を起こしているのか医療機関で血液検査をしなければ正確に知ることはできません。

 

しかしどの時期に何の花粉が飛んでいるのかを知ることである程度原因を特定することはできます。例えば秋になるとくしゃみがひどくなる人などの場合は、ブタクサによる花粉症かもしれませんし、春先ならばやはりスギ花粉かもしれません。

 

一年の中で世間一般的にも一番花粉症を警戒するシーズンと言えばやはり「春」です。温かくなってきて様々な植物が芽吹いて開花する時期ですし、その中でも花粉症の原因となっている植物もたくさんあるからです。

 

花粉としてよく聞かれるスギやヒンキは2月から5月くらいの間飛散しています。他にもハルガヤやホソムギやハルジオン、シラカバやリンゴやイチョウやコナラ、ケヤキやイチイやハンノキなど数多くあります。

 

春が過ぎて夏になると花粉症のニュースもなくなり、世間一般的にも意識がうすれるころです。しかし窓を開けっ放しにしている機会が増えるために、家の中に花粉を取り込んで花粉に接する機会が多くなります。

 

イネやテンサイやカモガヤ、キョウチクトウやイチゴなどがあります。さらに秋になるとブタクサやヨモギやカナムグラなどがあります。体も夏の暑さで弱っているころなので、秋の花粉にも注意しなければなりません。

 

 

花粉症とは?

そもそも花粉症というものは、空気中に飛んでいる花粉を体の中に吸い込むことによって発症するアレルギーのことです。つまりブタクサ花粉症というのは、空気中に飛んでいるブタクサを吸い込むことで花粉症になることを言います。

 

花粉症の症状には、連続してでてなかなか止まらないくしゃみ、鼻水や鼻づまり、目のかゆみや目から涙が出る、目が赤く充血するなどがあります。この花粉症の症状は、現れる部位は人それぞれで、その症状の重さも人によって軽い人も重い人もいます。

 

一度発症してしまうと毎年のように花粉の飛散時期になると発症するもので、なかなか治すことはできませんが、早期に予防や治療を行っていると治る人もいるそうです。何十年もの間花粉症にならずに済んできた人も、あるとし突然発症することがありますから安心はできません。

 

花粉症を予防する方法にはどのようなものがあるのか見ていきます。外出するときには、極力体内に花粉を拾わないように、マスクやメガネや帽子などを着用するといいです。できれば花粉の飛散量が多い時期には必要最低限以外外出しないようにした方がいいと思います。

 

花粉が家の中に入り込んでこないように、窓は閉めておきましょう。花粉が多い時期には洗濯物も室内干しにするなどして、外に干すのはやめたほうがいいです。せっかく洋服をきれいにしても、外に干していることでたくさん花粉がついてしまいます。

 

その花粉だらけの洋服をきることで花粉症の症状がでてしまうからです。外出すると見えないけれど体にたくさん花粉がついています。外出から帰ったら玄関などで体の花粉を払ってから家に入るようにしたほうがいいです。

 

帰宅後、手洗いとうがいをしっかりとしてください。バランスのとれた食事を摂取することも大切です。タバコや酒も極力控えた方がいいです。最近では花粉防止マスクやメガネなども販売されていますから、利用するとなおさらいいと思います。

 

空気清浄機や加湿器などを室内に設置して利用すると、花粉やほこりなどが飛散しにくいため効果的です。