アレルギー性鼻炎を予防するには?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎を予防するには?

アレルギー性鼻炎を予防するといっても、アレルギー性鼻炎の症状が現われるかどうかは遺伝によるものが大きいとされています。アレルギー性鼻炎の原因は、免疫系統の過剰すぎる反応です。

 

IgE抗体の血中濃度が高くなると、免疫系統が過剰反応を起こしてしまうと考えられています。このIgE抗体の生み出しやすさは、遺伝因子に左右されるのです。

 

もし、親や兄弟にアレルギー性鼻炎を持つ人がいるのであれば、できるだけそのアレルギー原因物質を避けることで、アレルギー性鼻炎の予防に繋がるかもしれません。

 

また、過度のストレスや睡眠不足、慢性的な疲労などで抵抗力が落ちていると、アレルギー性鼻炎の症状が出やすくなります。規則正しい生活を心がけ、栄養バランスのとれた食事をとりましょう。

 

それに、適度な運動を習慣にすることで、自律神経の働きもよくなりますし、ストレスの解消にも繋がるはずです。アレルギー性鼻炎の原因物質として代表的なのは、花粉、ダニ、カビ、ホコリ(ハウスダスト)、ペットの毛やフケなどでしょう。

 

生活環境からなるべくアレルギー性鼻炎の原因物質を取り除くことも、アレルギー性鼻炎の予防のためには必要です。掃除をこまめに念入りに行うことも大切ですが、空気清浄機を使うことで、アレルギー性鼻炎の予防や症状の改善に役立つこともあります。

 

ぜひ、加湿機能の他に、花粉やホコリなどを除去する機能に優れた空気清浄機を使ってみてください。空気清浄機の導入が難しいなら、部屋を乾燥させないように気をつけるだけでも、少しはアレルギー性鼻炎の予防に役立つはずです。

 

 

 

花粉症の原因

1〜2月あたりから気にし始める人が多い花粉症。花粉症もアレルギー症状になります。なってしまうと本当に辛いですよね。花粉症は最初からなっている人って意外に少なく、途中からなる人が殆どだそうです。花粉の時期になる前にアレルギー科がある病院等に行って予防する人も結構多い様ですよ。

 

耳鼻科に併設されたアレルギー科、呼吸器系に併設されたアレルギー科等に花粉症の症状が出ているとしたら行った方が良いですよね。そこでどんな原因が有るのか日常生活を送っている上で原因となる物を挙げてみたいと思います。

 

【スギ・ヒノキ】
スギ花粉で悩んでいる人は日本人ではかなり多く、花粉症の約8割がこのスギ花粉ではないかと言われています。関東で2月上旬を目安に、西に行くともう少し早く、東に行くともう少し遅くの時期からスギ花粉、ヒノキ花粉が飛散する事になります。飛散は短期間ではなく約2ヶ月間と言う長い期間を要して飛散されると言われています。

 

天気が良い日に多く飛散する様ですが、年々飛散量は増加傾向に有るらしく、毎年ニュースで「去年の倍以上になるでしょう」とか言われています。ヒノキ花粉の場合はスギ花粉より1〜1.5ヶ月程遅い為、長い期間にわたって花粉症で悩んでしまう方がいます。この場合、スギ花粉、ヒノキ花粉の両方のアレルギーになっている可能性が有るのです。

 

この他にも「カバノキ」「イネ」「ブタクサ」「ヨモギ」と言った種類の花粉症が有り、時期がずれていますので花粉症を発症する人は1年中花粉で悩まされる事になるのです。