アレルギー性鼻炎を治療する手術って?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎を治療する手術って?

一般的に知られているアレルギー性鼻炎の治療に、レーザー治療があります。レーザー治療は日帰りの手術で、痛みを感じることなくできる手術であり、現在、とても注目を集めています。

 

レーザー治療とは、鼻の粘膜にレーザーを照射して変性させる治療法です。レーザーを照射することで鼻の粘膜の組織が鈍くなり、アレルギーを起こす原因といわれるアレルゲンによる反応を抑えられるといった仕組みになります。

 

レーザー治療は手術の時間が短く、日帰りで施術できるのが注目の理由としてあげられる他、局所麻酔はするものの、痛みや苦痛をほとんど感じず、出血することもないため、お子様や年配の方にも有効な治療方法です。

 

ただ、効果や持続力には個人差があります。アレルギー性鼻炎の症状は、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの鼻の症状が一般的ですが、人によっては、目のかゆみや喉の痛みなどの症状も見られます。

 

ですので、レーザー治療をしても症状の全てが改善される訳ではないのです。さらに、アレルギー性鼻炎に副鼻腔の炎症が合併している場合は、一度レーザーを照射しても治ることは少なく、二、三回繰り返して行う人もいれば、一年後にまた行う人もいます。

 

レーザー治療は有効な治療法ではありますが、効果や適性に個人差がありますので、自分の症状に適した治療方法であるかどうかを専門医に相談するとよいでしょう。

 

他にも、凍結手術や電気凝固術、および、アルゴンプラズマサージェリー、化学焼灼術、下甲介粘膜切除術などで治療することも可能です。手術をするかどうかやどんな手術を行うかなどは、専門医に相談して、自分の症状や体質、生活を考慮した上で判断しましょう。

 

 

 

花粉症で引き起こされる症状

毎年2月あたりになると、ニュースで今年の花粉予想みたいなのを放送しますよね。そこでいつもビックリするのが、「今年の花粉は去年の2〜5倍は有るでしょう」と言ったニュースです。毎年このセリフを聞くと言う事は毎年確実に花粉の量が増えている事が伺いしれます。

 

そう考えると結構恐ろしいですよね。毎年花粉症になる人が新たに続出していると言う事です物ね。そうしたアレルギー症状で悩んでいる方はアレルギー科が有る病院に行ってみると良いでしょう。花粉症の場合は耳鼻科または呼吸器系のアレルギー科が良いんじゃないかと思います。

 

そこで花粉症になった場合、どんな症状が出るのか挙げてみたいと思います。先ずは花粉症の4大症状と言われているのが、「くしゃみ」や「鼻水」、「鼻づまり」、「目の痒み」と言った症状です。これらの症状は風邪の症状に似ているので間違えやすいのですが、風邪は大体1週間もすれば治ります。

 

しかし花粉症の場合は花粉が飛散している時期の間はずっと症状が止みませんし、くしゃみも回数が多くて発作が起きているかの様な感じになります。また鼻水も風邪では黄色っぽい感じですが、花粉症ではサラサラ水っぽい感じなので多少違いは分かるのではないかと感じます。更に目の痒みが花粉症では強く出る様になります。

 

そして花粉が気管に入ってしまうと、軽ければ咳が、重ければ呼吸困難になってしまう様です。また肌が荒れる事も有ります。花粉症には重さや花粉が付いた場所によって症状が変わって来るのです。