アレルギー性鼻炎を漢方薬で治療する?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎を漢方薬で治療する?

近頃では、漢方薬を使用してのアレルギー性鼻炎治療が注目を集めているようです。東洋医学での病気に対する考え方は、西洋医学とは異なっていて、特定の病名をつけることはありません。

 

アレルギー性鼻炎であれば、その人が自覚している鼻水が出る、鼻づまりが起きる、くしゃみや喉のイガイガなどの症状に対して、証というものをたてて、それに合わせた薬を処方します。

 

同じアレルギー性鼻炎でも、その人の体質や症状によって、違う薬が処方されるのです。漢方薬を使うと、西洋医学の薬のように眠気や口渇などの症状がほとんど出ないため、服用する時間を気にしなくてすみます。

 

それに、病院へ通う時間や費用などを減らすことができるでしょう。さらに、漢方薬なら処方によっては、妊娠中や授乳中の女性でも安心して服用することができます。継続的に飲み続けることで、体質改善できる薬も少なくないのです。

 

副作用が少なく、安心して飲める薬として知られる漢方薬ですが、証に従って服用しなければ、思いがけない症状が出ることもあるので注意が必要です。漢方薬は、漢方薬局の他に、病院で処方してもらうこともできます。

 

病院で医師に処方してもらう場合には、漢方薬でも健康保険が適用されるはずです。ただ、できれば、和漢診療科などの漢方の知識の豊富な医師がいる病院で処方を受けた方がいいでしょう。

 

漢方薬には即効性がないことが多いので、対処療法として西洋薬で症状を止め、漢方薬で根源治療を目指すという方法もあります。

 

 

 

花粉症を予防しよう

花粉症はアレルギーの1つになりますが、なってしまうと辛い症状に悩まされますよね。アレルギーだからアレルギー科が有る病院に行って診てもらうのも良いとは思いますが、日常生活において予防が出来るのであればした方が生活が楽になって良いかと思います。

 

先ず花粉は晴天の日、そして風が強い日にたくさん飛散します。更にお昼前後がピークとなって飛散するそうです。ですから花粉症で辛い方はこうした飛散しやすい日、時間帯を避けて外に出ると良いと思います。次に外出時の服装ですが、メガネとマスク、帽子をして花粉が付かない様にしましょう。

 

そして洋服の素材もニットだと花粉がくっついてしまい、家の中に持ち帰ってしまう事になりますので、花粉が付きにくいスベスベ素材を着るようにすると良いでしょう。そして家に入る際には花粉を中に入れない様に洋服に付いた花粉を払い落とす様にしましょう。またうがいや顔も早めに洗うと良いでしょう。

 

そして洗濯物ですが外に干すと花粉が付きますので、部屋干すか乾燥機を使う様にしましょう。次に部屋ですが、天気が良いと窓を開けたくなりますが、花粉が入りますので閉めておき、空気清浄機を使うと効果的です。また掃除は一度拭き掃除をしてから掃除機を使うと花粉を舞い上がらせません。

 

こうした事を面倒だからと怠ると症状もひどくなり、アレルギー科が有る病院に行かなくてはならなくなります。そうならない為にも是非日常生活の中で予防出来る物は予防しちゃいましょう。