アレルギー性鼻炎は薬で治る?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎は薬で治る?

残念なことに、現在のところ、アレルギー性鼻炎を完全に治す治療薬は開発されていません。そのため、アレルギー性鼻炎の場合にできる薬物療法としては、症状を抑える対処療法のみということになります。

 

薬を服用してアレルギー性鼻炎の症状を抑えながら、なるべくアレルギーの原因物質との接触を避けるようにするというのが基本です。アレルギー性鼻炎に処方される薬には、様々な種類があります。

 

例えば、眠気を催す作用がある抗ヒスタミン成分の入った薬を飲む場合には、服用後の数時間は自動車の運転や高いところでの作業を控えなければ危険です。

 

また、人によっては、気分が悪くなり、吐き気を催すなどの副作用が出ることもあるでしょう。アレルギー性鼻炎でよく処方される抗ヒスタミン薬には、二種類あります。第一世代の抗ヒスタミン薬は、強い眠気を誘う代わりに、数分で効果を発揮するはずです。

 

逆に、第二世代の抗ヒスタミン薬は、眠気を感じることは少なくなりますが、効果が現れるまでに時間がかかります。他にも、アレルギー性鼻炎で使われがちな薬として、血管収縮性点鼻薬があります。

 

血管収縮性点鼻薬は数分で効果を発揮しますが、持続時間が短く、数時間で効果が薄れてしまうでしょう。一方、ステロイド点鼻薬なら、効果を十分に発揮するまでに数日かかりますが、長い期間ずっと効果を実感することができます。

 

薬の効果や副作用の出方は、使ってみないとわからないものなので、合わないと感じたらすぐに医師に相談してください。

 

 

 

花粉症対策

花粉症になったらとりあえずアレルギー科が有る病院に行き診てもらう事が大切となります。しかしアレルギー科に通うだけじゃ対策にはなりません。花粉症対策を行うのなら日常生活においても実践していく必要が有るのです。

 

先ずはマスクをしましょう。マスクは鼻や口から入る花粉の量を減らしてくれるだけでなく、顔全体の保湿もしてくれます。保湿すると辛い咳の症状が緩和される様になります。次は目が痒い場合の対処ですが、冷たいタオルを目に当ててみて下さい。きっと痒みが緩和されますよ。次は生活習慣を見直してみると言う事です。

 

身体が疲労するとアレルギー反応に反応しやすくなります。また疲れだけじゃなく、寝不足、ストレス、お酒、タバコは鼻の粘膜を刺激しやすい為にアレルギー反応を更に起こしやすくなりますので生活習慣を改め、症状を悪化させない身体作りをしましょう。

 

また、食生活を改善したり市販薬を使ったりする対策法も有りますが、一番良いのは耳鼻咽喉科やアレルギー科と言った花粉症の専門の病院で診てもらう事です。くしゃみや目の痒み、鼻水、鼻づまりが毎年同じ時期に有るようであれば花粉症の可能性が高いです。但し花粉症と言っても症状は人それぞれです。

 

目が痒いなら眼科、肌が痒いなら皮膚科、鼻が辛いなら耳鼻咽喉科等、症状に合わせた病院に行く様にしましょう。花粉症対策には色々有りますが、するのとしないのとでは全然違います。自分に合った対策が出来る様にしましょう。