アレルギー性鼻炎と生活環境との関係

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎と生活環境との関係

アレルギー性鼻炎の原因は、遺伝的な体質によるものが大きいため、予防しても、それは完全ではありません。しかし、生活環境からアレルギー性鼻炎の原因となるアレルゲンをなるべく取り除くことで、アレルゲンとの接触を避けて症状を軽減させることが可能になります。

 

主なアレルゲン物質として、ダニの死骸や糞があります。アレルギー性疾患の人の80%がダニアレルゲンに陽性反応を示すそうです。よって、家庭でできる対策として一番に考えると良いことは、ダニの数を減らすことです。

 

簡単にできる方法としては、日常生活で主に使用する部屋であるリビングや寝室を毎日掃除することがあげられます。掃除機はカーペットの奥に入り込んでいるダニやホコリも吸い込める吸引力の高いものを、そして、吸い取ったホコリを排気口から再び出してしまうことのないような性能の良い掃除機を使用することが大切です。

 

それに、花粉症以外のアレルギー性鼻炎だったら、寝具はこまめに日光にあてて干しましょう。ただ干すだけではダニは死滅しませんし、やみくもに叩くだけではダニは減りません。

 

干した後は必ず、寝具に掃除機をかけてください。それだけでダニを減らすことができます。この場合にも、使う掃除機の性能によって効果の程度が変わります。

 

また、防ダニ効果のある寝具を使用する、押入れの湿気対策をする、部屋の整理整頓を行い、物を必要最低限にとどめるなど、簡単なことですが、小さな心がけ一つでアレルギー性鼻炎の症状を和らげることができるでしょう。

 

 

 

多くの人がアレルギー性体質になっています

現在3人に1人と言った割合でアレルギー性の疾患にかかっている事が分かっています。そして都市部においては若い世代(20代位)の7割以上の方が花粉症の要素を持っていて、更に半分の人が花粉症を既に併発しているそうなのです。こうした現象は近年になって出てきた傾向にあり、10〜20年前くらいにはあまり感じた事が無かった現象になります。

 

既にアレルギー体質では有ったけれども発症はしていなかった。けれども近年色んな抗原(アレルゲン)と言うアレルギーの基になる物が現れてきて、発症率が高くなったと予測されているのです。

 

アレルギー科の専門医から見てみるとアレルギー性疾患の治療では薬で単純に症状を抑えると言う事をするのではなく、発症その物の原因を探り抑制し症状を緩和させていく事が大切だと思っているようです。アトピー性には喘息、皮膚炎、鼻炎等が有りますが、どれも大体は同じ事で発症する場所が違う事だけが挙げられると思います。

 

こうした状況の中アレルギー科の専門医は色んな臨床症状を行い、色んな角度から見て私達の身体に役立てる様になってきているそうです。但し私達の協力も必要になりますし重要になります。

 

最近では抗体やDNA等も研究される様になってきて、ますますアレルギーの方達の辛い症状を緩和させてあげる事が出来るまでになってきまし。研究は薬だけじゃなくて環境、食生活等、色んな観点から行われているそうで、結果が待ち遠しいですよね。