アレルギー性鼻炎と蓄膿症との違い

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎と蓄膿症との違い

アレルギー性鼻炎と蓄膿症は、どちらも鼻に症状がでる病気ですが、それぞれ症状などにはっきりとした違いがあります。まず、鼻の粘膜部分にてアレルギーを起こすアレルギー性鼻炎の一般的な症状には、くしゃみやサラサラの鼻水、鼻づまり、目のかゆみがあります。

 

アレルゲンの除去、抗ヒスタミン薬のなどの薬の内服、ステロイドの点鼻、肥厚した粘膜を切除する手術などで治療を行います。一方、蓄膿症は別名、慢性副鼻腔炎とも呼ばれ、鼻腔の周囲の4つの空洞部分である副鼻腔の粘膜で、感染により炎症を起こし、膿がたまる病気のことを指します。

 

膿の粘液には、炎症の原因物質が含まれているため、副鼻腔炎が長く続き、慢性化してしまうことで炎症がひどくなり、蓄膿症になってしまうのです。蓄膿症の症状には、鼻づまりやネバネバした黄色い鼻水であったり、鼻水が喉の方まで流れてきたり、匂いを感じづらくなるなどがあります。

 

治療方法としては、鼻水を吸引したり、ネフライザー療法、抗生物質などの薬の内服、粘膜を切除する手術などが一般的でしょう。アレルギー性鼻炎でのひどい炎症が何回も繰り返されることで鼻の粘膜を傷つけてしまうと、免疫力が落ち、細菌などのウィルスに感染しやすい状態になります。

 

つまり、アレルギー性鼻炎の悪化により、副鼻腔炎になり、それが慢性化することで、蓄膿症になってしまうこともあるのです。そのため、アレルギー性鼻炎などの鼻の炎症を慢性化させないことで、蓄膿症になることを防ぐことができるでしょう。

 

 

 

猫アレルギーに関して

アレルギーになっている方で猫をご家庭で飼っている人はどれくらいいるでしょうか?猫アレルギーと言う種類のアレルギーが有りますが、猫アレルギーの人はいくら可愛いからと言って飼うのはやめた方が良いと思います。飼ったからには最後まで面倒をみる。これが基本なのですから。

 

自分はアレルギー体質ではないはずなのに、猫がいるからと言ってアレルギーになる事は基本的には有りません。新生児の場合は身近に猫がいる方が猫アレルギーに対する免疫が出来るのでアレルギーになる事は少ない様です。そもそもアレルギーとは、身体の中に異物が侵入してきた事で過敏に身体の機能が働き過ぎてしまいます。そして影響を与えてしまうのです。

 

小さいお子さんの場合は身体の免疫機能が完全ではないのです。それならば普通はアレルギーの症状が起きやすいのではと考えてしまいますが、逆に異物だと判断しにくい為にアレルギーになりにくいと言う説も有ります。もし自分に猫アレルギーが出たなと感じた場合には、アレルギー科が有る様な病院に行って診てもらう様にしましょう。

 

アレルギー科では原因と対策、治療が行われますが、猫が原因だった場合はその原因となる物を極力遠くに持っていかないと症状はよくなりません。かわいそうだと思っても体調がおかしくなってしまっては元も子も無いのです。

 

そんな時には猫を貰ってくれる方を探して譲ってあげてはいかがでしょうか?捨てたり処分したりする事だけは絶対にやめて下さい。可愛がってくれる方に貰ってもらう。これが猫を飼っている人が猫アレルギーになった場合の対処法だと思います。