アレルギー性鼻炎と花粉との関係

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎と花粉との関係

鼻の中が炎症を起こして、鼻水が出たり、鼻づまりが続いてしまう症状を鼻炎といいます。風邪を引いた時などにも鼻炎の症状が現れます。しかし、この鼻炎の原因がアレルギー症状である場合には、「アレルギー性鼻炎」と呼ぶのです。

 

アレルギーといえば有名なのが卵アレルギーで、卵の成分が含まれたものを食べると身体に発疹が出来ることがよく知られています。このように何らかの物質への強い反応が身体に出るのがアレルギーです。

 

アレルギー性鼻炎は、アレルギーの元となる物質が呼吸の際に鼻の中に入ることで引き起こされます。鼻水や鼻づまりは、鼻の穴の中に入ってきたアレルゲンとなる物質に対する反応です。

 

アレルギー性鼻炎を引き起こす物質は色々ありますが、1980年代から、日本ではスギ花粉に反応するスギ花粉症患者が急増し、アレルギー性鼻炎という言葉が世に知られるようになりました。

 

これは、戦後の復興のために建築資材として国が率先して進めた杉の植林によって、当時植林された杉が花粉を飛ばすほどまで一斉に成長したことで、花粉の量が増大したことが原因と言われています。

 

植林後、海外からの安い建築資材によって国内の林業は衰退し、植林した杉が伐採されずに成長してしまったからです。

 

アレルギーを引き起こす花粉は杉だけではなく、有名なところでは、ヒノキ・バラ・ユリ・セイタカアワダチソウの花粉症も多いと言われていますが、スギ花粉の飛散量はその比ではありません。

 

 

 

なぜ牛乳アレルギーを起こしてしまうのか?

意外にも牛乳を飲んでアレルギーを起こしてしまう方が多いらしいのですが、牛乳アレルギーってどんな症状を出してしまうのでしょうか?主な症状としては下痢をしたり、湿疹を出したり、喘息を引き起こしたりと言う事だそうです。それとは別に嘔吐してしまう方もいる様ですね。

 

牛乳アレルギーになってしまう原因としては牛乳に含まれているたんぱく質。これが体内に入り、消化されない状態で吸収されてしまう事によってアレルギーの原因となるアレルゲン(抗原)になってしまい抗体が作られてしまいます。そこに更に牛乳を飲んで抗原となったたんぱく質を吸収しようとすると抗原反応が起こってしまうと言う事なのです。

 

この抗原反応がアレルギー症状として体外に出てしまう事になります。こうした牛乳アレルギーは比較的お子様に多い為、牛乳を与える場合には充分に注意する必要が有ります。よくびっくりしてアレルギー科が有る病院に駆け込んだりしますが、そんなに心配する必要は有りません。大抵成長と共に自然と治ってくる物です。

 

また他の食べ物に対してもアレルギー症状を引き起こしてしまう可能性がお子様には有りますので、その際は慌てずにアレルギー科が有る病院に行って診せる様にしましょう。

 

牛乳アレルギーを引き起こした場合、まれにアナフィラキシーを引き起こしてしまう可能性も有りますので注意する様にして下さい。自然と治るから兵器と軽んじてはいけません。お子さんの様子をしっかり見て何かあれば直ぐに病院に行く様にしましょう。