アレルギー性鼻炎と食べ物との関係

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎と食べ物との関係

アレルギー性鼻炎は、鼻から入るアレルゲンが原因なので、食べ物は全く関係ないと思っている人も多いかもしれませんね。ですが、それは少し違っています。と言っても、納得できない人が多いことでしょう。

 

ですから、今からそのことについて説明したいと思います。確かに、食べ物によるアレルギーというのは、主に皮膚疾患などに出ることが多く、鼻炎という形で出ることはありませんから、食べ物アレルギーが鼻炎に関わるというのはちょっと違うかもしれません。

 

でも、食べ物には、「アレルギーを抑える物」もあるのです。つまり、アレルギー性鼻炎を起こす食べ物を避けるという考え方ではなく、アレルギー性鼻炎を抑える働きのある食べ物を摂取すると良いという話です。

 

また、逆にアレルギー反応を強めてしまう食品もあるということを知っておく必要があります。まず、高たんぱく・高脂肪の食生活が続くと、アレルギー症状が強くなりやすいと言われているので、注意が必要です。

 

さらに、食品添加物もアレルギーを持つ人には特に良くないでしょう。鼻炎では、アルコール類が症状を強めてしまいます。アレルギー緩和に良いとされている食品には、シソ・緑茶・甜茶・青魚・ゴマ・レンコン・ニンニクなどがあり、鼻炎に限らずアレルギーを緩和する成分が含まれています。

 

身体を暖める効果のある野菜類や血液をサラサラにする効果のある野菜類も積極的に食べるようにしてください。

 

 

 

卵アレルギーについて

卵アレルギーは子供に多く見られるアレルギーかもしれません。卵アレルギーかなと思ったらアレルギー科に行って一度相談をして早い内に除去食をする事が大切となります。そうする事で腸の負担が軽減されて他の食べ物アレルギーを起こさないで済む様になるのです。

 

但し単純に卵アレルギーだからと言って卵を除去すれば良いのかと言うとそうではないらしいです。子供の成長期に必要な栄養源も入っていますので最悪栄養失調に陥る可能性もあるのです。ですから一度アレルギー科を受診して医師の診断を仰いでみる事をオススメしたいのです。

 

またご両親のどちらかにアレルギーが有るのであれば、お子様が卵アレルギーである可能性も出てきます。本当に赤ちゃんのあたりに卵アレルギーかなと思ったら、1歳を過ぎるあたりまでは摂取しない様に心がけた方が良いらしいです。また卵アレルギーの場合は卵そのものだけじゃなくて、卵が入っている食品もNGになります。

 

パン、ケーキと言ったお子様が好きな食べ物はNGと言う事になるのです。卵アレルギーの程度にもよると思いますが、卵は魚の卵、鶏肉も駄目になる場合もあります。私達が予期しない食べ物でもNGで有る事が有るのです。

 

ですから素人の判断で卵を与えていなければOKと言うのではなく、きちんとアレルギー科を受診し医師の判断を仰いだ上で除去食をしていく事が大切です。もし分からなかったり何か気になる事が有るのであれば、何でも医師に相談すると良いですよ。