アレルギー性鼻炎の症状とは?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎の症状とは?

 

アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりです。この症状は風邪の症状とも同じなため、最初はアレルギー性鼻炎と気がつかない人も多いようです。

 

風邪の症状と違うところは、アレルギー性鼻炎の鼻水はとてもサラサラしており、よく「水のような鼻水」と表現されます。粘りなどがほとんどないため、自分でも気がつかないうちに鼻水が大量に流れだすこともあるでしょう。

 

一般的には、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状ばかりが取り上げられますが、鼻づまりの呼吸困難によって口で呼吸することも問題です。喉が腫れて炎症を起こしたり、夜寝付けず睡眠不足になったりという別の症状まで引き起こします。

 

また、常に止まらない鼻水によって集中力が失われたり、鼻づまりの呼吸困難や睡眠不足から頭がボーッとしてしまうという症状も大変深刻です。アレルギー性鼻炎は、鼻の中に侵入したアレルゲンに対して免疫が過剰反応してしまうことが原因で起こります。

 

ですから、鼻の中に侵入したアレルゲン(花粉やハウスダストなど)を早く体外に出そうと、くしゃみによって吹き飛ばそうとするためにくしゃみが止まらなかったり、鼻水によって流し出すために大量の鼻水が止めどなく溢れ続けるのです。

 

その鼻水は生活に支障をきたしますから、鼻をかみますよね。ですが、鼻をかんでもかんでも、どんどん溢れでてくる鼻水に、次第に強く鼻をかんでしまうようになってしまいます。すると、鼻の中の血管が膨張してしまい、鼻づまりを引き起こしてしまうのです。

 

 

アレルギー性喘息の症状

アレルギー性喘息は気管支が過敏になって発作が起こる物で、気管が塞がったり狭くなったりして呼吸困難を起こしてしまう物になります。発作の最初は軽い咳が出る様になるのですが、その後ヒューヒュー、ゼーゼーと言う呼吸音がする様になります。この症状は乳幼児に多いのでアレルギー科等に行って診断を受けてみると良いかもしれませんね。

 

アレルギー性喘息を起こしてしまう原因としては、先程挙げた気管支がアレルギー反応を起こしてしまう事にあります。それには室内に舞っている塵、ダニ、カビが抗原になるとの事です。ダニやカビは環境によっては繁殖しやすく喘息になっている方がいるのであれば注意が必要になります。治療をするには予防と対処の2パターンが有るのです。

 

予防は先程挙げた様にダニやカビの繁殖を防ぐ事、帰宅時はうがいを徹底する事、アルコールやたばこを控える事、アレルギー科等から処方される薬を服用する事が挙げられます。対処としては治療が一般的ですが、ステロイド薬や気管支拡張薬等が有効的で有ると言います。これらの治療に関してもアレルギー科が有る病院に行って判断を仰ぐ様にしてみてください。

 

必ず放っておかない様にして下さい。症状が酷くなると発作も酷くなってしまいますので注意してくださいね。アレルギー性の物は喘息の他にもたくさん有りますが、特にお子様に注意していただきたい物だと思います。症状が見えたら必ず病院に行く様にして下さいね。