アレルギー性鼻炎の種類とは?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

アレルギー性鼻炎の種類とは?

最近では、誰もがその存在を知ることになったアレルギー性鼻炎。ですが、アレルギー性鼻炎には、いくつかの種類があります。

 

アレルギーを起こすのは何らかの原因物質に対する体の反応なのですが、何の物質に身体が反応するかというのは人によって違います。アレルギーを起こす原因物質のことをアレルゲンと呼びますが、アレルゲンは人それぞれで違うのです。

 

有名な花粉症も花粉にアレルギー反応を起こす鼻炎の一つですね。でも、人によって何の花粉にアレルギー反応を示すか?というのには違いがあります。

 

特に花粉症は、特定の花粉が飛散する時期にみられる症状のため、アレルギー性鼻炎の中でも「季節性アレルギー性鼻炎」と呼ばれています。これに対して、「通年性アレルギー性鼻炎」というのもあります。

 

一年中アレルギー症状が続いているアレルギー性鼻炎です。では、アレルギー性鼻炎を引き起こす物質にはどんなものがあるでしょう?

 

◆杉・ヒノキなどのスギ科の植物
◆アシ・チモシー・小麦などのイネ科の植物
◆セイタカアワダチソウ(キリンソウ)・ブタクサなどのキク科の植物
◆白樺・ブナなどのブナ科の植物
◆バラ科の植物
◆ハウスダスト(カビやダニ)

 

こうしてみると、そのほとんどが植物であることが分かると思います。植物と言っても、アレルゲンとなるそのほとんどは花粉です。一般的には、これらの物質にアレルギー反応を起こすことが多いと言われていますが、それ以外のものに反応を示す人もいます。

 

 

 

アレルギー性鼻炎の症状

アレルギー性鼻炎と言う疾患が有ります。鼻に関わる症状(くしゃみ、鼻づまり、鼻水)が特徴でダニが主な原因と言われています。

 

アレルギー性鼻炎の症状に付随して、症状が長引きますと症状自体も悪化してきますし、味覚や嗅覚が鈍くなってきたり、集中力が無くてイライラしてきたり、不眠に悩んだり、別な症状を引き起こしたりして日常生活においても支障をきたす様になってきます。ですから症状が出たらアレルギー科等を受診し、早めの治療をする様に心掛けましょう。

 

アレルギー性鼻炎の原因となっているのは、ダニや塵や花粉と言った物が鼻から入ってしまい、これが体内で抗原となって鼻の中の粘膜でアレルギー反応、症状が起きてしまうと言う事になります。通常直ぐにはアレルギー反応としては出ないのですが、ずっと吸い込んでいる内に鼻の粘膜に対して抗体が出来ます。

 

更に続いて行く事で刺激されて症状が出てしまうと言う訳なのです。またアレルギー性鼻炎には通年性、季節性と言う2パターンのアレルギー性鼻炎が有ります。これらの抗原には種類と症状が違ってくるのです。季節性のアレルギー性鼻炎は花粉等が抗原になりますので、花粉の時期になると現れてくる様になります。

 

それが酷い物になると花粉症と言う事になるのです。季節に関係なく、ダニやカビと言った物が抗原になる場合は通年性と言う事になります。こうした症状が出たらアレルギー科を受診する事で、症状が和らぎ日常生活にも支障をきたさなくなりますので、是非診てもらう様にしましょう。