花粉症は遺伝する?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症は遺伝する?

花粉症をはじめとするアレルギーの体質は遺伝すると考えられています。花粉症の場合、アレルゲンとなる花粉も遺伝すると考えられており、親がスギ花粉症の時には子供にスギ花粉症が遺伝することがあると言われています。

 

ヒノキやブタクサといった他のアレルゲンとなる花粉も同様に遺伝していくと考えられます。また、母親だけでなく、父親も花粉症の場合には、かなり高い確率で子供にも花粉症が遺伝してしまうことになるでしょう。

 

これらの遺伝は遺伝のメカニズムに沿って現れると考えられています。しかし、花粉症をはじめとするアレルギーは、遺伝のメカニズムだけでなく、個人の体質や環境的要素が複雑に絡むため、遺伝の条件がそろっていて高い確率で遺伝することが考えられても、必ず花粉症が遺伝するとは言いきれません。

 

そのため、両親が花粉症であっても、そのアレルギーの体質だけが遺伝し、子供が花粉症ではないアトピー性皮膚炎や喘息といった違うアレルギー症状を起こすこともあるようです。

 

ですので、両親が花粉症の場合は、一度、花粉症やアレルギーの検査をしてみても良いかもしれませんね。そして、両親が花粉症の場合には、早めに対策をとるようにすると良いでしょう。

 

また、花粉症が遺伝していないとしても、生活をしていく中で、花粉症を新たに発症してしまうことも考えられます。遺伝していなくても、普段から花粉に触れないように気をつけたり、掃除や洗濯に気を配るようにして、油断をしないように予防を心がけることも大切でしょう。

 

 

アレルギー性結膜炎の症状

アレルギー性結膜炎には目の痒み、充血、涙目、異物感と言った事が主な症状として挙げられます。また、目が乾燥したり、疲れ目になったり、熱い感じもあります。目をこすると浮腫が出てきて、球結膜にゼリー状になってしまう事も有る様です。目やにも出ますが、通常より粘り気が有って黄色っぽいか透明な感じになっています。

 

アレルギー性結膜炎になってしまう原因としては、抗原が体内に入るからで、ダニやカビと言ったハウスダストが原因とも言われています。また季節性アレルギー性結膜炎と言うのがありますが、これは花粉が原因で有るとされています。この場合は花粉の時期によってなる季節が変わってくるそうです。

 

アレルギー科に行くと、点眼薬が処方されるのが一般的な治療法として知られていますが、症状が重い場合には飲み薬の併用もする事が有るそうです。但し効果が出るまでに日数がかかる事、毎日点眼しなければならない事が挙げられます。点眼薬の種類によっては副作用も出る事が有ります。

 

複数種類が有る事、内服薬も有る場合が有る事も含め、アレルギー科等専門医の指示に従って使う様にしてください。複数の点眼薬が処方された場合は数分間を空けて点眼する様にすると良いみたいです。

 

また、アレルギー性結膜炎になってしまった場合ですが、コンタクトレンズを日常使用している方は装着を控えてメガネを使う様にする等して、アレルギー性結膜炎の症状の悪化を予防しましょう。

 

 

 

花粉症の時期

花粉症の時期というのは春先が一番時期といえると思っている人も多いかもしれませんが、実は花粉症の時期というのは一年間を通してずっと時期といえると思います。その中で花粉症は春が一番のピークで次に多いのが秋ということになります。春の時期の花粉症の原因はスギ花粉などの木の花粉が原因ですが、秋の花粉と言えば、稲などの草を中心にした花粉が多いといわれています。花粉症の時期はですから年間を通じて一年間ずっと時期といえます。自分が花粉症になりやすい時期を知ることで何が原因で花粉症になっているのかよくわかると思います。2月から5月にかけての花粉症が一番ピークの時期というのはやはり杉花粉やヒノキ花粉が一般的な原因になっていますが、秋に花粉症になりやすいと思っている人はヨモギやイネなどが花粉症の原因になっているのではないでしょうか?花粉症の時期によって原因がわかりますし、それによって治療法や薬なども変わってくると思います。花粉症の時期によっては、風邪と間違えやすい時期などもありますが、毎年の統計をとってみて同じ時期に風邪の症状が出るという人は、花粉症を疑ってみたり血液検査を受けるなどの対処をした方がいいですね。