花粉症に悪影響を及ぼす食事・食べ物とは?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症に悪影響を及ぼす食事・食べ物とは?

花粉症に悪影響を及ぼす食べ物ってあるのでしょうか?日本人の食事は欧米化し、高カロリーで高タンパクな食事になってしまいました。こういった状況が花粉症を引き起こす要因の一つになってしまったのかもしれません。

 

できるなら、花粉症に悪影響のある食べ物は避けて、花粉症に良いと言われる食べ物を摂りたいものです。花粉症は涙の分泌や喉・鼻の粘膜も活発になるので、それを促すような食品は摂らないようにしましょう。また、ただでさえ、花粉症で辛いのですから、免疫力を低下させてしまうような食事も好ましくないですよね。

 

以下は、花粉症に悪影響のある食べ物です。
・高脂肪・高タンパク食
・唐辛子や胡椒などの刺激物
・添加物の多い食品(インスタント食品、加工食品など)
・アルコール
・油分の多いもの
・甘いもの
・体を冷やすもの

 

食事で言えば、
・カレー・グラタン・天ぷら・揚げ物など(油分が多い)
・外食(高カロリーでバランスが悪い、偏食しやすい)
・ケーキ、チョコレートなどの甘いもの
・イタリアン(洋食)
・パン(食べ過ぎは良くない)
・卵料理(摂りすぎは良くない)
・せんべいなどのお菓子

 

などです。

 

 

逆に、花粉症に良いと言われている食べ物は、
・ご飯
・魚・肉・大豆(摂りすぎはよくない)
・野菜

 

などになります。

 

昔ながらの和食は理想的だと言えるでしょう。また、規則正しく食べるということも大切です。生活習慣病の予防にも繋がりますね。甘い物などはストレスを溜めない程度に我慢した方がいいですよ。

 

 

アレルギー性皮膚炎の症状

アレルギー性皮膚炎の症状としては皮膚に湿疹や炎症ができ、赤いぼつぼつができ、痒みが伴う浮腫が出来るのが主な症状です。そうした症状が引き金となり、イライラしたり、不眠症になったり、ストレスが溜まったりしてしまう様にもなります。アレルギーの症状が精神的にも負担になってしまうと言う事なのですね。

 

アレルギー性皮膚炎になる原因としては色々有りますが、食べ物アレルギーが原因で起こる物、ハウスダストが原因で起こる物、シャンプーやカーペット等が皮膚に触れた事で抗原となり起こる物等が挙げられます。その他にも蚊やダニ等に刺された事で皮膚炎を引き起こしてしまう事も有ります。

 

こうしたアレルギー性皮膚炎を治す為にはアレルギー科等の専門病院に行って、抗原となっている物を回避したり、薬物治療をすると良い様です。抗原回避はアレルギー症状を起こす原因となっている抗原を摂取しない為に、何が抗原になっているのか調べる方法を指しています。アレルギー科では皮膚反応テストと血液検査で調べる事が可能です。

 

その上で自分の抗原が分かったら、それを食べない様に避けると良いのです。次に薬物治療に関してですが、ステロイドやヒスタミン剤で痒みを抑えたり、軽い皮膚炎ではなくて炎症が酷い方に対して基本的に使っている薬となります。

 

こうした薬剤を使うと効果は上がりますが、副作用を引き起こしてしまう可能性も有りますが、医師の判断通りに使う様にして下さい。

 

 

 

花粉症の予防

花粉症の予防にはいろいろな方法があります。症状を抑える予防法もありますし、ほかにも花粉症の症状を軽くするための予防法もあると思います。花粉症の予防は花粉症がピークを迎えるような時期からスタートさせるのではなくて、あらかじめスタートさせておくというのが一番いいといわれていますがご存知ですか?花粉症の時期に入ってから予防をしてももう遅いんですね。だいたい花粉症予防には、2−3か月前くらいからの予防策が効果的であるといわれています。では具体的にはどのように花粉症対策をしていくのでしょうか?花粉症予防をしたいと思っているのであれば、2−3か月前くらいから外出の時には、マスクや帽子、サングラスは必ず付けておいた方がいいかもしれませんね。そして薬なども耳鼻科で処方されているという人はそろそろ飲み始めるといいでしょう。薬が抵抗があるという人の場合には、甜茶を2−3か月前から飲み始めるのが花粉症予防に効果的であるといわれていますから、一度試してみてはいかがでしょうか?そしてレーザー治療を行って花粉症予防をする人がいまは増えていますから、花粉症予防に耳鼻科へ行って相談をするというのもいいですね。とにかく少し前から行動を起こし始めるのがポイントです。