花粉症になると肌荒れする?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症になると肌荒れする?

花粉症の時期になると、花粉症を持っている人にとっては、花粉症対策と同時に肌荒れ対策も必要です。では、花粉症と肌荒れってどう関係があるのでしょうか?まず、花粉症になってしまうと鼻水が出ます。

 

鼻水が出ると、当然、何回も鼻をかみます。何度も鼻をかむと、鼻や鼻の周辺が乾燥して荒れてしまいます。皮がめくれてしまったりしますよね。こうなってしまうと、すぐにはなかなか良くなりません。

 

また、鼻が詰まることによって、十分な睡眠が取れないこともあります。十分な睡眠が取れなければ、肌の再生能力を低下させてしまいます。免疫力も落ちてしまい、花粉症を余計に悪化させることになってしまうでしょう。

 

それに、涙目になったり、目が痒くなったり、顔が乾燥しやすくなったりもします。花粉症になる人はアトピー性皮膚炎を持っている場合も多いです。なので、花粉症の時期が始まる頃から十分な対策をしておかないといけません。

 

肌を清潔に保ち、化粧水や保湿クリームなどで、しっかりと保護するようにしましょう。ひどくなると今まで使っていた化粧品もヒリヒリして使えないこともあります。そういう場合には皮膚科で相談するようにした方がいいでしょう。

 

内服薬やクリームを処方してもらえるはずです。花粉症と肌荒れは因果関係が非常に深いものです。女性の方には特に、大きな悩みになってしまうことでしょう。花粉症だけでも辛いのに、さらに大きなストレスになってしまいます。

 

 

ハウスダストの対処

ハウスダストでも花粉でもアレルギー症状が身体に出てしまうと辛いですよね。アレルギー科に通って症状を和らげる様な対策をする人が多いと思いますが、ハウスダストアレルギーになった場合の対処をご紹介したいと思います。

 

【掃除】
先ずは徹底的な掃除ですね。ハウスダストでアレルギー性鼻炎を引き起こす場合が有ります。こまめに掃除する事でハウスダストを少なくし、室温と湿度調整をしてダニやカビを繁殖させない様にしましょう。そうする事でアレルギーの症状が和らぎますよ。

 

【保湿】
アトピー性皮膚炎の様に皮膚にアレルギー症状が出てしまう場合、皮膚の抵抗力が弱まっている様に感じます。皮膚を保護する為にバリアする必要が有るのです。そこで最適なのが保湿ケアです。保湿をして乾燥させない事、皮膚に刺激を与えない事が必要となります。保湿する為に使うクリームは、市販の物でも良いですが、アレルギー科等で処方されたクリームを使うとより良いかと思います。

 

【喘息のタイミングを知る】
ハウスダストで気管支喘息の症状が出ている場合、発作が起こったタイミングをチェックしておく事も重要です。発作の状態や自分の身体にどんな支障を与えているか等、冷静に判断しましょう。特にお子様の場合は意識や会話の状態もチェックしておく事である程度の事が分かる様になります。そこから外れた状態になった時は直ぐに病院に行って診てもらいましょう。

 

他に市販薬を使う等、色んな対処方法が有ります。こうした対処をしてアレルギー症状を緩和させていきましょう。

 

 

 

花粉症の症状

花粉症の症状は人それぞれ違っていると思いますが、よくあるのが、風邪の症状と間違えられやすいということです。たとえば頭痛がしたり、咳が出たり鼻が出たり人によっては熱が出るという人もいるようです。発熱をしてしまうと風邪だと思ってしまう人も多いのですが、実際には花粉症の症状だったということもあります。季節の変わり目や春先に毎年風邪をひいていると思っている人はもしかすると花粉症かもしれません。決定的な花粉症の症状というのがありませんから、実際に花粉症なのか判断しづらいと思いますが、毎年のことなのでしたら一度病院で血液検査をしてもらうといいかもしれませんね。血液検査をすれば風邪の症状なのか花粉症の症状なのかがはっきりします。また花粉症の症状は目のかゆみを伴ったり、めまいが起きたり、皮膚がかさついてかゆみを帯びるというような症状を感じることもあります。のどが痛くなったりすることもよくあることです。花粉症の症状を抑えるために薬を飲むと眠気が襲ってくるという人も中にはいるかもしれませんから注意したいですよね。花粉症の症状を抑えるためにはなってからでは遅いので、ピークがくる前から少しずつ対策を立てていく必要があります。