薬でも治らない花粉症に

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症に効果がある薬って?

花粉症に効果的な市販薬は、内服薬や点鼻薬、点眼薬などがあります。薬局でも花粉症薬としてたくさんの種類が売られているので、誰もが一度は店頭で目にしたことがあるのではないでしょうか?

 

市販薬の花粉症の薬と病院で処方される処方の薬の大きな違いは、即効性だといえるでしょう。市販薬の多くは抗ヒスタミン薬が使用されており、ヒスタミンの働きに直接働きかけることにより、急に花粉症の症状が出てしまった時にもすぐに対処することができるよう、即効性が高いものになっています。

 

しかし、人によっては副作用が強く出てしまう傾向もあるようなので、特に眠気には注意が必要でしょう。さらに、市販薬は、即効性はあるものの、効果の持続性は低いともいわれています。この欠点を補い、効果の持続性を上げるためにカプセルタイプにした市販薬も売られており、花粉症に効果的な薬だと考えられます。

 

花粉症に効果的な市販薬としては、内服薬の他にも、鼻炎薬や点眼薬があります。これらにも内服薬と同じく、抗ヒスタミン薬の成分が含まれていることが多く、即効性が期待できます。

 

ただ、内服薬同様、効果の持続が期待できず、長期にわたって使用していると、効き目が弱くなってしまうこともあるので、症状が出たときだけ使用すると良いでしょう。

 

花粉症に効果的な市販薬をお探しの時は、薬局の薬剤師に症状を説明して相談するとよいのではないでしょうか?

 

 

ハウスダスト対策

家の中をこまめに掃除する。洋服をこまめに洗濯する。これをするだけでハウスダストのアレルギー症状を緩和させる事が出来ます。ハウスダストアレルギーが酷い場合にはアレルギー科等を受診し、早めに診断を受けましょう。掃除ですが、特に寝室は毎日掃除をする様にすると良いですよ。

 

家に敷いてあるカーペットにはダニや埃、花粉が付いていると思って良いでしょう。排気循環タイプの掃除機を使うと吸ったハウスダストをまた撒き散らさないのでオススメです。またお風呂の足拭きマット、布団のシーツ等はカビやダニが繁殖しやすいと言われていますので洗濯はこまめに行いましょう。花粉の季節以外の季節では窓を開けて換気する事も大切です。

 

次にハウスダストの元となるダニは高温多湿の環境を好み、繁殖しやすいとされています。除湿機や空気清浄機を使って高温多湿を解消する様に気をつけましょう。押し入れや靴箱の様に常に閉めている場所もたまに開けて空気の入れ換えをする様にしましょう。

 

またハウスダストに悩まされない為に最近は防ダニ効果が有る枕やシーツ等が販売されていますので利用したり、布団もこまめに干して乾燥させる事も大切です。今はペットを飼っているご家庭も多いと思います。定期的にシャンプーをして汚れが身体に溜まらない様にして、抜け毛予防としてブラッシングをして清潔に保つ様にしましょう。

 

アレルギー科に行き、ハウスダストアレルギーを治療するのも大切ですが、こうした対策を家庭で行うのもまた大切ですので是非行ってみて下さい。

 

 

 

花粉症と漢方

花粉症の改善のために漢方薬を利用しているという人も今は増えています。花粉症と言えば、病院へ行って薬をもらって症状を緩和させたり抑えるというような言葉一般的ではありましたが、根本的な治療方法にはつながっていませんから花粉症の症状を抑えたところで薬をやめてしまうとまた再発してしまう可能性があるのです。花粉症の症状を押さえこんでしまうのではなくて、根本的な面から治療をしたらどうかとして考えられたのが、漢方です。漢方は体質改善などにも効果がありますから、花粉症の体質を根本から改善してくれると思います。タレントの押切もえさんも花粉症に悩んでいた時に漢方にであって漢方で治療をしていたという話を聞いたことがありますよ。市販されている花粉症の薬コーナーにも、ツムラが販売している花粉症の漢方薬などもありますから一度チェックしてみるのもいいですね。花粉症に悩んでいるのは最近は大人だけではありません。子供も花粉症に悩んでいる人は多いといわれているのですが、子どもの場合は薬を飲むことが出来ないケースが多いですから、そんなときには3歳の花粉症に悩んでいる子供でも飲めるのが漢方です。漢方といっても色々と種類がありますから、処方してくれる病院や総合病院で相談してみましょう。