漢方薬でも治らない花粉症に

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症に効果がある漢方薬って?

花粉症に効果的な漢方は、それぞれの症状に合わせて選ぶと良いでしょう。花粉症に利用される漢方には、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)という処方があります。この小青竜湯は、体力のある若者に向いている漢方薬と言われており、鼻水やくしゃみ、鼻炎を緩和することが可能です。

 

また、小青竜湯は、体を温めて発汗を促す効果をもっているため、花粉症の原因の一つと考えられている体の冷えを改善することができるでしょう。花粉症に効果的な漢方には、葛根湯加川きゅう辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)という処方もあります。

 

これは、小児のアレルギーの薬としても用いられる処方で、鼻炎や鼻づまりの改善に効果がありますよ。花粉症で薬を飲んだ時に、眠気が出てきてしまい、困ったという経験はありませんか?漢方では、眠気を伴わずに花粉症に効く、麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)という処方があります。

 

麻黄附子細辛湯は、麻黄の成分の中に覚醒作用のある成分が含まれるため、服用しても眠気が出ることがなく、運転や仕事をする時でも安心して利用することができるでしょう。

 

それに、この処方は、中高年のあまり体力がない方や虚弱体質の方、冷え性の方でも使用できる処方となっています。特に疲れが抜けない方や虚弱タイプの方は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)を併用すると、体質改善にも効果があるといわれています。

 

漢方薬は体質や花粉症などの症状に合わせた処方が必要になりますので、経験豊富な漢方薬剤師や医師に相談すると良いでしょう。

 

 

ハウスダストで引き起こされる疾患

ハウスダストによってアレルギーが引き起こされる事が有ります。それによりアレルギー科を受診しようと思いますが、どこのアレルギー科に行けばいいのか分からなくなりますよね。間違った所に行くと診断自体があやふやになる場合が有りますので、該当する病院のアレルギー科に行く様にしましょう。

 

そこでハウスダストによって引き起こされる可能性が有る疾患を挙げてみたいと思います。ハウスダストにはダニや埃、塵と言った通年性に該当する物、花粉と言った季節性の物と有りますのでそれによって症状も変わってきますし、種類も変わってくる様です。

 

【アレルギー性鼻炎】
アレルギーの原因となる抗原が身体の中に入り込み、鼻の粘膜に炎症を出してアレルギー反応を引き起こします。症状はくしゃみが止まらなくなったり、鼻水がサラッとした水みたいな感じだったり鼻づまりだったりと言う症状です。アレルギー性鼻炎にはダニ等が原因となる通年性の物や、花粉症等の季節性の物とが有ります。

 

【アレルギー性結膜炎】
結膜に異物が混入し、それがアレルギーの原因となる抗原である場合アレルギー性結膜炎となります。目が充血したり、激しい痒みが起きるのが特徴です。結膜の部分がむくんでしまい白目のあたりに浮腫ができブヨブヨとした感じになる事もあるそうです。このアレルギー性結膜炎が起きる原因としてはハウスダスト(通年性、季節性含む)が原因とされていましたが、最近ではコンタクトレンズの汚れが原因となっているのではないかとも言われています。

 

 

 

ブタクサと花粉症

ブタクサって聞いたことがありますか?植物の名前なんですが、少し変わったような形をしている植物で、道端や畑などによく生育している植物です。花粉症に悩んでいる人の原因となる植物の一つとしてこのブタクサがあげられています。アレルギー性結膜炎にかかってしまっている人は、春先のカタル患者さんのブタクサに対している特異的抗体陽性率というのは20%以上とされていて、アレルギーの原因物質としてかなり強い物質であるということがわかっています。ブタクサはだいたい8月から10月ごろに飛散するといわれていますから、夏の終わりから秋にかけて鼻水が止まらない、目がかゆい、くしゃみがひどいなどの症状があるという人は、ブタクサに反応して起きている花粉症かもしれませんから気をつけた方がいいでしょう。ブタクサはもともとは日本にはなかったのですが、第二次世界大戦後に北アメリカから日本に帰化して、それが全国に生育するようになったようです。秋に花粉症になるという人の多くが、イネか、ブタクサによってアレルギー症状が出ている可能性が高いといわれていますから、ブタクサを、見かけたら注意した方がいいですね。ブタクサが近くにあるという人はあらかじめ撤去しておく方がいいかもしれません。