花粉症と喘息・気管支炎の見分け方

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症と喘息・気管支炎の見分け方

花粉症は症状が似ていることから、喘息や気管支炎と区別しにくい場合もあるでしょう。しかし、花粉症と他の病気とは明らかに異なる点があり、見分ける方法もありますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

花粉症は主にサラサラとした鼻水があり、咳が出る他、花粉症最大の特徴として目のかゆみを伴うため、花粉症かどうかを見分ける時の大きな目安となります。

 

また、気管支炎の場合はウイルスに感染するため、鼻水は粘性の高いものになり、色も黄色や緑色になることが多いようです。それに、花粉症では出ても微熱程度の発熱ですが、気管支炎の場合には高熱を出すことがありますので、熱の状態も花粉症と気管支炎を見分ける一つのポイントとなるでしょう。

 

共にアレルギーの症状である花粉症と喘息は、どちらもアレルギー物質が喉の奥の気道に作用することで起こるため、咳を伴います。でも、花粉症の場合は、鼻の奥から喉へ鼻汁が流れることで咳が出ることが大きな要因となっており、鼻の症状が改善することで咳も治まるのが特徴です。

 

そのため、鼻の症状が治まっても咳が続いたり、喘息の特徴でもある喘鳴を伴う咳の場合は喘息を疑った方が良いでしょう。さらに、花粉症では、気管支喘息の発作をおこすこともあり得ると考えられています。

 

花粉症の症状がひどい場合や良くならない場合などは、耳鼻科や呼吸器内科などの診察を受けてみると良いのではないでしょうか?

 

 

アレルギーの予防

アレルギー症状に悩み、病院のアレルギー科等を受診している方も多いと思います。アレルギー科等の病院に行くのも良いですが、アレルギー症状を今より悪化させない為にも予防や注意が必要になります。

 

【ダニ】
布団や絨毯、色んな場所に潜んでいて、生きているダニ、死んでいるダニ、またはその糞についてはアレルゲンと言うアレルギー症状を引き起こす基になってしまう事が有ります。これらはハウスダストと言う形で室内に溜まり飛び散りますので、アレルギー予防の為にもダニ対策をしっかり行う様にしましょう。具体的には、ダニの住家となる絨毯やカーペット、ぬいぐるみ、ソファ(皮張り以外)を使わない様にする事、ダニが繁殖しない様に、室内の湿度調整をしっかりする事、掃除機をゆっくりしっかりかける事を心掛けると良いでしょう。

 

【カビ】
カビもアレルゲンになる可能性が充分有ります。そのカビは高温多湿が大好きで繁殖します。高温多湿を避け、風通しを良くして繁殖しにくい環境作りが出来る様に心掛けましょう。

 

【換気】
室内の換気をしないと空気が汚れてきてしまいます。汚れた空気は、アレルギー症状の悪化に繋がりますので、換気は小まめにする様にして下さい。またタバコも出来れば吸わない様にした方が良いでしょう。

 

【気管支喘息】
喘息の原因はアレルギーだけでは有りません。気候、タバコ、風邪、ストレス等、様々な事が原因となり刺激されていきます。アレルギーの方では、ペット、カビ、食物等が有りますが、一番はダニや塵ではないかと感じます。掃除や天日干し等をこまめにして、ダニ対策をしっかり行う様に心掛ける様にしましょう。

 

 

 

花粉症と病院

花粉症で悩んでいる人は今とても多いといわれているのですが、花粉症の症状がひどくなっている人は市販の薬ではもうどうしようもなくなって、そろそろ花粉症について病院で調べてもらったりしながらきちんと対処していかなくてはと思ったりするのではないでしょうか?花粉症の症状は色々とあるのですが、軽くても悪化することもありますからできるだけ悪化する前に病院へ行くことをお勧めします。花粉症の症状で病院へ行く際には、耳鼻科を受診するのがいいでしょう。総合病院の耳鼻科などでは最近は花粉症外来と呼ばれる花粉症専門の外来なども設けられていますから、花粉症の症状に悩む人は専門の先生に診てもらうといいかもしれませんね。花粉症で病院で見てもらった後には、薬をもらったりすることがほとんどですが、完治させたいと思っている人などは、レーザー治療を行ってもらったり、治療方法はほかにもいろいろとあると思いますから先生に相談してみるのがいいかもしれませんね。病院によっては花粉症治療として注射をするというところもあるようですが、注射は危険という声も上がっていますからよく話を聞いて自分で判断してうけるようにしましょう。花粉症の症状に悩むなら病院へ行くのが一番です。