花粉症の症状がわからない?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症の症状とは?

花粉症の症状は、主にくしゃみや鼻水、鼻づまりと目のかゆみです。これらは花粉によるアレルギー症状で、体の防御反応として起こる症状と考えられています。

 

花粉症の場合は、人それぞれに反応する花粉があり、原因となる花粉に接触することで、これらの花粉症の症状が現れます。花粉症の症状によるくしゃみの特徴としては、何度も連続して起こるという点です。

 

花粉を有害物質と認識した体が、花粉を外に出そうとするためにくしゃみが連続で起こるのです。普段のくしゃみは、1〜3回程度ですが、花粉症のくしゃみは5〜6回と何度も起こるため、くしゃみのしすぎで腹筋などを傷めてしまうこともあるほどだと言われています。

 

また、花粉症の症状で出る鼻水の特徴としては、サラサラとした水鼻です。風邪などの場合は粘性を伴っていますが、花粉症の場合は水っぽい鼻水で、花粉飛散時期には止まらない程の鼻水に悩まされることも多いようです。

 

鼻水と同じく、花粉症の鼻の症状には鼻づまりの症状もあります。鼻づまりは鼻で呼吸ができなくなり、口での呼吸をしてしまったり、鼻づまりの症状のせいで睡眠不足になることもあるでしょう。

 

花粉症の代表的な症状として知られているのが、目のかゆみです。特に、スギ花粉の場合には、目のかゆみを感じる人も多いようで、目が腫れたり、涙が止まらないなどの症状があるようです。

 

いずれの症状も花粉症の薬で対処することができるので、医師に相談してみてください。

 

 

アレルギー別症状

近年アレルギーの症状が出てアレルギー科を受診する人が増えていると言います。但し自分の出ている症状がアレルギーの症状なのか分からずに放っておく人も中にはいるそうです。以下にアレルギーの種類別症状を挙げてみますので、自分が該当する等感じたらアレルギー科を受診してみてください。

 

【気管支喘息】(大人、小児含む)
このアレルギーの症状としては気管支が縮んでしまい、狭くなってしまう事で息を吸う毎にゼーゼーやヒューヒューと言った音が聞こえてくる様になり、痰、咳が出てきて苦しくなってしまう症状が特徴として挙げられます。

 

【アレルギー性鼻炎】
代表的な物となる花粉症、ペットアレルギー等が有ります。症状の特徴としてはくしゃみ、鼻づまり、鼻水と言った症状が出ます。花粉やペットのフケ等が抗原となり、体内に侵入し粘膜に接触した事で症状を引き起こすと言われています。鼻水も色がついていなく、透明な感じの鼻水です。(ちなみに色が付いていると風邪等、アレルギーとは別の症状となります。)

 

【アレルギー性結膜炎】
症状の特徴としては涙が出たり、異物感を感じたり、目が痒くなったり、結膜が赤く充血したりと言う事が挙げられます。通年性と季節性が有りますが、季節性の場合は花粉症によって引き起こされる事も有ります。

 

まだまだ有りますが、アレルギーの症状かなと感じたら放っておかず、直ぐアレルギー科等専門の病院を受診し、治療する様にしましょう。できます。

 

 

花粉症と秋

花粉症は春にだけかかると思っている人も多いのですが、最近は花粉症は春だけに限らず秋の花粉症もあれば、夏の花粉症もあります。秋の花粉症の原因になっているのは、夏から秋に飛散するといわれているオオブタクサと呼ばれる草や、セイタカアワダチソウなどが原因で花粉症が起きているといわれています。日本では春の花粉症と言えばスギ花粉が有名ですが、実は秋にも花粉症の症状というのはあるのです。秋の花粉症というのは、意外と夏風を引いたとか、夏から秋の季節の変わり目に引いてしまう風邪だと思われがちなのですが、実は秋の花粉症であるということはよくあることです。特に秋の花粉症は子供がよく発症するとも言われています。秋の花粉症の原因としてはほかにも、イネやキクなどの花粉も原因になっているといわれています。秋にくしゃみがどまらなかったり、目がかゆかったり、鼻水が止まらないという場合には、それが毎年のように続いているのであれば、秋の花粉症の可能性が強いですから、秋の花粉症でないか血液検査をしたりアレルギー検査を受けてみるといいかもしれませんね。アレルギー検査をすることで早く改善できるかもしれません。毎年夏風を引いていると心当たりがある人は秋の花粉症かもしれません。