花粉症の種類がわからない?

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症の種類とは?

花粉症は、花粉が原因になって引き起こすアレルギー反応です。しかし、原因となる花粉は一つではありません。有名なのが、スギ花粉ですが、その他にもたくさんの花粉があります。

 

では、花粉症の種類とはどういったものなのでしょうか?まずは、花粉症は二つに大別されています。樹木から発生する花粉と草花から発生する花粉です。

 

スギ花粉は樹木から発生する花粉で、草花から発生する花粉としてはイネ花粉が有名です。日本では、約50種類以上の花粉症の種類が確認されていて、その八割がスギ花粉症と言われています。

 

代表的な花粉症には、スギ花粉症、ブタクサ花粉症、イチョウ花粉症、カモガヤ花粉症、ヨモギ花粉症、ヤナギ花粉症、イネ花粉喘息、ハンノキ花粉喘息、ケヤキ花粉症などがあります。

 

春の花粉症としては、スギ、ヒノキ、ハンノキ、カバノキなどの樹木花粉による花粉症が発症しやすいです。夏の花粉症としては、イネ、カモガヤなどの草花花粉、秋の花粉症としては、ブタクサやヨモギなのの草花花粉があります。

 

冬は気温が低下するので、年間で一番花粉の少ない時期になりますが、1月くらいになるとスギなどの樹木花粉が出てくるでしょう。原因となる花粉によって、発症する時期も違います。

 

原因となる花粉はたくさんありますから、春先に発症するからと言って、スギ花粉による花粉症とは限りません。花粉症の種類は、病院に行けば血液検査で調べることができます。花粉症の原因となる花粉が分かれば、対策もしやすいでしょう。

 

 

アレルギーの予防と治療

家族にアレルギーと診断された方がいる、本人にアレルギーらしき症状が出ている、病院のアレルギー科等で診察、血液検査、食べ物アレルギーかどうかを除去食にて試験等を行い、アレルギーかどうかの判断が出されるそうです。

 

アレルギーの症状が出ると結構辛いです。辛い思いをしない為にも、予防をする事が何よりも大切なのだそうです。アレルギーの症状を出さない様にする為には、抗原を体内に入れない様にする必要が有ります。抗原は食べ物、皮膚、鼻から等色んな形態で入ってきます。

 

食べ物の場合はアレルギーの原因の食べ物を見つけ、それを食べない様にする事で予防が可能ですが、完全に除去すると言うのは難しい為、アレルギー科等で専門医の指導の基、行う様な形を取ると良いでしょう。

 

また、お子さんにアレルギーを持っている子供がいて、妊娠をしている場合、そのお子さんもアレルギーを持って生まれてくる可能性が有ります。予防として妊娠中に負担がかからない程度に食事の制限をしたり、卵白除去したりする事があるそうです。

 

また食べ物アレルギーは予防出来ても吸入性に関するアレルギーは予防しづらい物が有ります。最悪、薬物療法をする事も有りますが、専門医の指導の基、適切な治療を受ける様にしましょう。

 

アレルギーは予防が大切ですが、全て予防できる訳では有りません。万が一予防をすり抜けてアレルギー症状が出た場合は、病院のアレルギー科を受診する等して処置を受けましょう。

 

 

 

冬の花粉症

冬の花粉症について紹介したいと思いますが、従来なら春に怒るとされていた花粉症ではありますが、最近は冬にも花粉症で悩んでいるという人は多いと思います。花粉症に悩んでいる人は年中問わず色々な花粉に悩まされていますから、冬に飛散する花粉によって反応が起きて花粉症になるという人も多いのです。冬の花粉症対策としても春の花粉症と同じく、早めからのケアが必要です。たとえばバランスのいい食事を取るということは冬の花粉症に問わず大切なことです。花粉症に効果があるといわれているメニューや料理法なども今は色々とありますから、自分なりに食生活を改善していく必要があります。また冬の花粉症に限らずこちらも花粉症全般に言えることエスが、規則正しい生活をするということが大切です。今花粉症は増え続けていますが、不規則な生活やストレス社会が花粉症のアレルギー症状を悪化させているといわれていますから、毎日の生活習慣を改善させることも重要なのです。そしてストレスや疲れというのは、副交感神経を緊張状態にさせる働きがありますが、それにより冬の花粉症に限らず、花粉症の症状が出やすくなっていますから、ストレスや疲れはできるだけためないようにするということも大切ですね。