病院でも治らない花粉症

おすすめ花粉症改善法

花粉症バスター

山本悠太郎

花粉症になったら一生治らないと思いこんでいませんか?花粉症は不治の病ではありません。薬はただ症状を抑えるだけの薬では根本的には治せません。今から花粉症を根本的に改善する方法を全て公開します。多くの人が知らない花粉症を改善する3つの順番とは?
1日わずか5分の実践で改善できる方法

>>詳細はこちら

花粉症の予防策とは?

花粉症の予防策は、誰にでもできる簡単なことです。花粉症は、花粉症を発症してしまってから花粉の飛散時期に予防するのではなく、花粉症にかかる前に予防することが一番大切で重要だと考えられます。まず、花粉症にならないためには、アレルゲンを除去・回避し、花粉を体内にとりこまないようにしなくてはいけません。

 

すでに花粉症になっている方も症状がでないようにするためには必要な予防策ですので、普段から花粉を吸い込まないようにマスクをしたり、手洗いやうがいをするなどを徹底すると良いでしょう。また、花粉症を未然に防ぐ予防策として、バランスの良い食事をすることが大切です。

 

最近、花粉症に効くと注目されているトマトやレンコン、ヨーグルトなどをとりいれた食事を試してみたり、食事の栄養バランスなどを見直してみるのも花粉症の予防策になるでしょう。さらに、生活習慣の改善も花粉症の予防には必要です。

 

不規則な生活で、寝不足の状態が長く続いていたり、疲れやストレスなどが溜まってしまうと、生活習慣の乱れが原因で花粉症を引き起こしてしまうこともあるようです。花粉症の予防としては、普段からの生活習慣を見直してみることも必要でしょう。

 

疲れやストレスがたまってしまうと、副交感神経の働きが抑えられ、体内でヒスタミンが放出されやすい状態になると考えられています。ですので、疲れやストレスをためない健康的な生活を送ることが花粉症の予防のためにも大切です。

 

花粉症対策の注射って大丈夫なのか?

花粉症対策が注射で出来るって知っていますか?花粉症対策というと、今まではマスクして、点鼻薬を塗って、薬を内服したり、レーザーで鼻粘膜を焼いたり・・・。こういった感じだったと思うのですが、注射で良くなることなんてあるのでしょうか?

 

花粉症対策の注射は、減感作療法(げんかんさりょうほう)と言って、アレルゲンのエキスを長期間にわたって注射し続けるというものです。健康保険も適用されますが、注射の回数は、通算50回以上、期間も3年以上はかかると言われていますので、気の遠くなるような話ですね。

 

それに、体質の改善が目的ですから、花粉症そのものを予防するというわけではないようです。しかも、確実に効果があるというわけではないというのが辛いところでしょう。他にも、花粉症のシーズン中に、3、4回注射するヒスタグロビン注射というものがあります。

 

こちらも、健康保険適用です。ヒスタグロビンを注射することで、ヒスタミンに対する抗体を作ります。これにより、花粉に対するアレルギー反応を抑えることができるというものらしく、割と効くそうです。しかしながら、人の血液から出来ているため(加熱処理済)、今後何があるか分からないというリスクがあります。

 

また、女性の場合は生理周期の乱れを招くことがあるようです。もう一つ、副腎皮質ホルモン(ステロイド)の注射があります。確かにこれは一本の注射で数週間持続し、効果も高いようですが、副作用が心配されるため、推奨されてはいません。

 

 

 

花粉症対策

花粉症対策といっても色々な方法がありますが、かなり花粉症の症状がつらくて悩んでいるという人は花粉症対策を万全にして春先を過ごしていることと思います。たとえばどんなことが花粉症対策になるかというと、食事も花粉症対策の一つといわれています。食生活で栄養バランスをきちんと採るということは花粉症対策の一つ尾になりますから十分に食べ物には気をつけるようにしたいですね。また最近は何でもサプリメントで健康にするという思考がありますが、サプリメントを飲むことで花粉症対策をしているという人も多いといわれています。花粉症対策はサプリメント以外に薬をあらかじめ飲んでおいてアレルギーが起きるのを防ぐという方法もあります。また食事や食べ物と同じようなことですが、花粉症対策用のお茶なども最近は販売されています。花粉症の時期よりも数か月前から甜茶を飲み始めることで花粉症対策になるとも言われています。花粉症を何とかしたいと思っている人は色々とある花粉症対策の方法を実行してみるというのがいいですが、グッズなどの販売もありますから、外出の際には花粉症対策マスクをつけたり花粉が付きにくい帽子なども被るなどして対策をしていくと症状の悪化を防ぐことができます。

 

花粉症の薬

花粉症の症状を緩和させるために花粉症の薬を飲むという人も多いと思います。花粉症はアレルギー症状の一つなので、風邪とは違って、すぐに薬を飲んで完治させることはできないのですが、花粉症は薬を上手に利用すれば、長期的に飲み続ければ治療をして改善をするということは可能だと思います。では花粉症の薬にはどんな種類があるのでしょうか?花粉症の薬の中には、いろいろと種類があります。一般的には内服薬が一番多いと思われていると思いますがその他点眼薬や点鼻焼くなどもあります。花粉症の内服薬として一番多く使われている成分としては、ヒスタミンという成分があります。これはアレルギーを抑えるのに役立つ薬です。花粉症の内服薬の中には睡眠導入剤的な効果が表れるものもありますから注意しましょう。そして点眼薬は花粉症用の目薬です。花粉症の症状に多い目のかゆみや充血などを抑える働きがあります。また点鼻薬というのはあまり聞いたことがないという人も多いかもしれませんが、花粉症では鼻水が止まらないという人も多く、そういった症状の緩和に点鼻薬が役に立つのです。花粉症の薬は、予防をするという意味合いから、花粉症のシーズンに飲み始めるのではなくて、事前に飲み始める薬もあります。

 

花粉症の注射

花粉症にはいろいろと治療方法があるといわれているのですが、花粉症の治療の中には、注射をして治すという方法があるのですが、実はこの花粉症の注射があまり勧められるものではないといわれているのです。花粉症の注射ではステロイドを注射するというケースが多いのですが、ステロイドを注射するのは危険です。花粉症が一発で治るといわれていたり、効果が1ヵ月は続くといわれている花粉症の治療を行っている病院もあります。花粉症の症状を抱えている人からしてみれば、一発の注射で花粉症の症状が治るといわれればそんなうれしいことはないと思いますから注射をしてほしいと思っている人も多いと思います。しかしながら花粉症の注射治療は賛否両論の意見が出ています。注射療法はいいといわれている医者もいますし、やめた方がいいといっている医者もいます。花粉症の注射治療に使われている薬というのはステロイドです。ステロイドというのは、注射をすると、ゆっくりゆっくりと体の中に入りだいたい一か月は効果が続くといわれています。ですから花粉症の症状も一か月も抑えられるといわれているのです。しかしこれは根本的な治療ではなくてあくまでも、花粉症の症状をステロイドで抑えているにすぎません。